トップページ >  実施時期: 冬(12月〜2月)
事業名 おおすみくん家 キッズたんけんたい 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年1月27日(土)〜1月28日(日)
平成30年2月3日(土)〜2月4日(日)
事業概要  小学生の低学年の子どもたちが親元を離れて共同生活や自然体感活動を行い,仲間と関わったり,遊んだり,協力したりすることで,自立心や自尊感情を育てることを目的に実施した。
 1日目,錦江湾眺望ハイキングに挑戦し,山からの絶景に感動の歓声を上げていた。その後,フィールドアスレチックを体験したり,夜にはどんぐりクラフトを行ったりした。
 2日目には,遊びリンピックやスポーツクライミング,ドッジボールなどをして,仲間同士の交流を深めた。
参考資料 報告書1
事業名 中1ギャップ解消プログラム開発事業
「うずしお交遊塾」
事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  大学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成30年1月24日(水)〜1月27日(土)
事業概要  子どもたちが家庭を離れ、異年齢の青少年が集って共同生活をすることを通して、望ましい人間関係の育成や自主自立の精神を養う。また、地域の安全・防災について、日常の備えや的確な判断のもと、地域の安全・防災について主体的に行動することや災害時の助け合いの大切さについての理解を深める。
参考資料 報告書1
事業名 おおすみくん家スポーツキャンプ
バレーボール
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年1月20日(土)〜1月21日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により,コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 中学生及び学校担当者(監督やコーチ),保護者等が参加し,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年1月17日(水)〜1月19日(金)
事業概要  全国体験活動指導者認定委員会自然体験活動部会が定める「自然体験活動指導者養成カリキュラム」の「概論機18時間)」に基づき、青少年向け自然体験活動プログラムにおいて、子供の発達段階に応じて、適切かつ安全に指導ができる自然体験活動指導者(NEALリーダー)を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 体験の風をおこそうファミリーキャンプ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成30年1月13日(土)〜1月14日(日)
事業概要  クラフト活動や伝統文化体験を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目,出会いのつどいの後,早速たこ作りに取りかかった。参加者全員が和だこ作るのが初めてで,集中して説明を聞いていた。そのご,親子で協力して作り上げていた。夜には,親子対抗のペタンクを行い,交流や親睦を深めることができた。
 2日目,無風状態の中,前日作った凧を親子で懸命に走りながら揚げていた。草スキーを楽しむこともできた。
参考資料 報告書1
事業名 未来へつながる幼児への教育・保育を考える
改訂幼保連携型認定こども園教育・保育要領及び改訂幼稚園教育要領、改定保育所保育指針に関する研修
事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年1月12日(金)〜1月13日(土)
事業概要  保育教諭及び幼稚園教諭、保育士が平成30年度から施行される幼保 連携型認定こども園教育・保育要領及び幼稚園教育要領、保育所保育指針 について理解を深めるとともに、それに則った具体的な活動についての 体験及び学びを通して保育教諭及び幼稚園教諭、保育士としての資質や能力の向上を図る。
参考資料 報告書1
事業名 平成29年度
自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)養成事業
事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年1月9日(火)〜1月12日(金)
事業概要  小学校新学習指導要領に、自然体験活動を中心とする長期集団宿泊活動が推奨されたことを受け、自然体験活動上級指導者養成事業を実施し、自然体験活動プログラムの企画、実施者を養成するとともに、自然体験活動指導者(NEALリーダー)を指導できるインストラクターを養成する。
参考資料 報告書1
事業名 のりくら雪ん子スノーキャンプ! 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成30年1月8日(月)〜1月9日(火)
事業概要  生活に課題や不安を抱える小中高生が、「冬の乗鞍の大自然」という日常とは異なる環境の中で、自然の癒しを受けたり、青年との交流を深めたりして、心身のリラックスを図る。また、スキー・スノーボード実習を通し、達成感や人と関わるよさを味わい、今後の生活の意欲付けを図る。
参考資料 報告書1
事業名 みんなでバスケ 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年12月23日(土)〜12月24日(日)
事業概要  バスケットボールをとおして交流を深め、協調性や技術向上を図る。
 冬季は子供たちの運動する機会が減るため、運動不足の解消を促す。
参考資料 報告書1
事業名 幼児運動キャンプ 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 幼児   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年12月16日(土)〜12月17日(日)
事業概要  幼児期に体を動かして遊ぶことによって、児童期や青年期の運動やスポーツに親しむ資質や能力を育成し、さらに意欲や気力、対人関係などのコミュニケーション能力、社会性や認知的能力を育む。また、親子で宿泊体験をすることで、親子の絆を深め、保護者同士や園児同士の友達を増やす。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→