トップページ >  活動内容:科学体験
【さらに絞り込む場合はこちら】 自然探究 科学実験 その他の科学体験
事業名 おもしろ理科工作(親子編) 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 幼児  小学生   事業目的 その他
活動内容 科学体験 ( 科学実験 ) 期 間 平成30年2月17日(土)〜2月18日(日)
事業概要  子どもたちの理科離れが問題となって久しいが、現実には子どもの理科の成績が世界的に見ても高いにも関わらず、理科を楽しいと感じている子どもが少ないことに問題がある。目に見えない自然の法則を机上の空論ではなく、実体験を通して考える活動を通して子どもたちに理科の楽しさを実感させることで、子どもが理科を好きになるきっかけ作りとしたい。
参考資料 報告書1
事業名 タラッキーキャンプ(ジオパーク編)
〜岩石標本づくりや,天体観察を楽しもう!〜
事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 科学体験 ( 自然探究 ) 期 間 平成29年12月8日(金)〜12月10日(日)
事業概要  「岩石標本づくりや,天体観察を楽しもう!」をテーマに,島原半島ジオパークでの地質観察と5カ所の地点での岩石採集をしたのち,岩石標本作成をおこなう。コスモス花宇宙館での昼間の星の天体観察(雨天時には身近な現象をわかりやすく解明するための実験・観察)を通して,自然を観察する力を身につけるとともに,好奇心や探求心を高める。
参考資料 報告書1
事業名 キミも宇宙兄弟!〜ドキドキ夢体験〜 事業施設 国立立山青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 科学体験 ( 自然探究 ) 期 間 平成29年10月21日(土)〜10月22日(日)
事業概要  天文を学習する小学校4年生から6年生を対象に、体験活動を中心にした天文学習を行い、宇宙に夢を求めた人々の生き方を参考にして、「夢を実現させること」について考えを深める。グループでさまざまな課題を解決する過程において、「仲間との絆」や「人間関係形成力」「コミュニケ―ション能力」を育てる。
参考資料 報告書1
事業名 ジュニアジオガイド講座 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 科学体験 ( 自然探究 ) 期 間 平成29年7月15日(土)〜7月17日(月)
平成29年9月16日(土)〜9月17日(日)
平成29年10月14日(土)
平成29年11月11日(土)〜11月12日(日)
事業概要  阿蘇ジオパークを地域教材として活用することで、郷土と自然を愛する態度の育成を図るとともに、問題解決学習を通して科学的思考力と自ら学ぶ意欲の育成に努める。また、阿蘇ジオパークの情報を発信することで幅広い知識と表現力の育成に努める。
参考資料 報告書1  報告書2  報告書3  報告書4
事業名 タラッキーキャンプ
「島原半島ジオパークツアー〜自分だけの岩石標本を作ろう〜」
事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 科学体験 ( 自然探究 ) 期 間 平成29年1月13日(金)〜1月15日(日)
事業概要  2009年に日本で初めて認定された世界ジオパークである「島
 原半島ジオパーク」で地質観察や岩石標本作成のための岩石採
 集を行いました。
 児童が自分で発見した問題を自分で解決する力を身につける
 ことを目的に「問題解決型学習」の手法を用いて実施しました。
 中学校1年生:第2分野(生物・地学)「火山と地震」(火山活動と
 火成岩)「地層の重なりと過去の様子」(地層の重なりと過去の様
 子)学習する地層,火成岩,岩石の多様性を,地質学者と同じ道
 具と方法を用いて実際に野外で観察し,その違いを体感しまし
 た。
参考資料 報告書1
事業名 サイエンスフェスティバル2016 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  中学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 科学体験 ( 科学実験 ) 期 間 平成28年12月10日(土)〜12月11日(日)
事業概要  次代を担う青少年に科学の楽しさや感動を与え、知的好奇心を喚起する目的として道内の大学校等と連携し、サイエンストークショーや科学実験工作教室を実施した。体験ブースを増やしたことで、多くの場面で子供たちの知的好奇心を刺激し、今後の自己学習に対する意欲を育む機会となった。
参考資料 報告書1
事業名 親子で楽しむ大学探検隊
〜小学生のオープンキャンパス〜
事業施設 国立岩手山青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 科学体験 ( 科学実験 ) 期 間 平成28年12月3日(土)〜12月4日(日)
事業概要  子どもたちとその保護者が,大学で行われている講義・実験・ものづくりなどのプログラムを体験すると共に,大学生と交流することにより,学ぶことや科学の楽しさを知ることを目的とした事業である。地域・日本・世界の未来を担う人材を育むことや「低迷する大学進学率の向上」「地元大学への進学を希望する子どもの増加につなげる」ことの一助になることも目的としている。将来についての考えを深めるきっかけの場を提供することができた。
参考資料 報告書1
事業名 「ジュニアジオガイド講座」 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 科学体験 ( 自然探究 ) 期 間 平成28年12月3日(土)〜12月4日(日)
平成29年2月4日(土)〜2月5日(日)
事業概要  阿蘇ユネスコジオパークでの火山群及びその地形や地質の自然探究活動を通して、阿蘇の良さや素晴らしさに気づかせるとともに、目的を同じにした仲間と協力して課題を解決する力を育むことをねらいとして実施した。活動においては、観察・実験及び調査活動等を中心としたプログラムを構成することで、参加者に実感を伴った体験をさせることができ、自然科学分野への興味・関心の喚起へとつながった。
参考資料 報告書1  報告書2
事業名 おおすみくん家 スペースサイエンススクール 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 その他
活動内容 科学体験 ( その他の科学体験 ) 期 間 平成28年10月9日(日)〜10月10日(月)
事業概要  大隅半島に位置する,宇宙に関わりのある施設を活用した体験活動を通して,宇宙への興味・関心を高めるとともに,地球の環境問題に目を向け,地球を大切にしようとする意識や態度を育てることを目的に実施した。
 1日目,輝北天球館で宇宙や太陽系の話を聞いた後,コンピュータを使って反射式望遠鏡を操作する体験を行った。
 2日目には,厚紙とレンズ2枚を使って,簡単な望遠鏡作りに挑戦した。
参考資料 報告書1
事業名 なすかしの森サイエンス・キャンプ 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 科学体験 ( 自然探究 ) 期 間 平成28年1月30日(土)〜1月31日(日)
平成28年3月5日(土)〜3月6日(日)
事業概要  なすかしの森での体験活動を通じて家族のふれあいの場や、家族同士の交流の場を提供すると共に、「宇宙と天体」や「気象」をテーマに、科学的な視点で自然を観察することの面白さを知ってもらうことを目的とした。第1回は、国立天文台の講師による講演、天体観測、ワークショップを行った。第2回は、福島大学の教授による講演、クイズラリー、雪積層の観察を行った。科学体験を行いながら、親子のきずなを深めた。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→