トップページ >  活動内容:交流体験・コミュニケーション
【さらに絞り込む場合はこちら】 国際交流・異文化理解 世代間交流 地域間交流 団体間交流 家族間交流 その他の交流体験 異年齢間交流
事業名 中1ギャップ解消プログラム開発事業「うずしお交遊塾」 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  大学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成31年1月23日(水)〜1月26日(土)
事業概要  子どもたちが家庭を離れ、異年齢の青少年が集って共同生活をすることを通して、望ましい人間関係の育成や自主自立の精神を養う。また、地域の安全・防災について、日常の備えや的確な判断のもと、地域の安全・防災について主体的に行動することや災害時の助け合いの大切さについての理解を深める。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度全国防災ジュニアリーダー育成合宿 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 中学生  高校生  学校教員   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 地域間交流 ) 期 間 平成31年1月10日(木)〜1月13日(日)
事業概要  2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることを契機に、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震や火山噴火、水害などが頻発している我が国における災害やその対策等の現状を世界にアピールするとともに、次代を担う人材の育成、防災意識と社会参画意識のさらなる向上を目指し、これからの防災・減災の担い手である中学生・高校生を中心とした防災会議を4年計画で開催する。その初年度として、今年度は兵庫、次年度は東北・熊本を会場として実施し、2020年のオリンピック・パラリンピックイヤーでは、東京を会場として、海外の被災地中高生を招聘して実施し、さらなる取組の広がりを目指す予定である。
参考資料 報告書1
事業名 クリスマセミナー“ビギナー編” 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 小学生  親子   事業目的 その他
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成30年12月16日(日)〜12月17日(月)
事業概要  各家庭で行うクリスマス行事がより楽しく充実したものになるよう、家族間の交流を図りながら、必要な知識・技術を身につけるきっかけとする。
参考資料 報告書1
事業名 家族で楽しむクリスマス 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 その他
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成30年12月15日(土)〜12月16日(日)
事業概要  クリスマスに関連するクラフト活動や行事を体験し,親子間の絆を深めることを目的に実施した。
 1日目は,自然の家周辺を散策し,翌日の草木染め体験の材料を収集した。その後,キャンドルランタン等のクラフト活動や星空観望会,クリスマスタイム&抽選会を行った。
 2日目には,自然の家周辺で採取した草木を使った染め物を行った。
参考資料 報告書1
事業名 吉備の森でABC! 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成30年12月8日(土)〜12月9日(日)
事業概要  外国人との交流を通して外国文化に親しみを持つとともに、国際交流を楽しみながら外国人とのコミュニケーションを図る。
参考資料 報告書1
事業名 アセアン加盟国中学生招聘交流事業 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成30年11月19日(月)〜11月27日(火)
事業概要  グローバル社会に対応した高い国際感覚を備えた青少年の育成を図るとともに日本やアセアン諸国の発展に寄与する人材を育成する。また,同時にアセアン諸国の生徒に様々な体験や交流を通して,日本に対する理解の増進を図る。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度ボランティア自主企画事業 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 世代間交流 ) 期 間 平成30年11月17日(土)〜11月18日(日)
事業概要  国立淡路青少年交流の家を新しい居場所にしてもらうとともに、今回のキャンプを通してボランティアに必要なスキルを身につける。また、自然体験活動の魅力を体感し、今後の活動につなげることで淡路ボランティアの確保と育成を図る。ボランティアスタッフにより、「アイスブレイク」「野外炊飯」「やきいも座談会」「テント泊」「レクリエーション作り」を実施した。
参考資料 報告書1
事業名 クリスマスマイスター 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 小学生  親子   事業目的 その他
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成30年11月17日(土)〜11月18日(日)
事業概要  各家庭で行うクリスマス行事がより楽しく充実したものになるよう、家族間の交流を図りながら、必要な知識・技術を身につけるきっかけとする。
参考資料 報告書1
事業名 国際交流きらめき阿蘇キャンプ 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 大学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成30年11月10日(土)〜11月11日(日)
事業概要  熊本県内の大学に在学している留学生と日本人学生が交流できる場を提供することにより、国際社会に向けた学生の視野を広げるとともに、相互の異文化理解と交流を図る。また、持続可能な共生社会の実現に貢献し得る態度を養うとともにグローバルな視点を備えた次世代リーダーの育成を図る。
参考資料 報告書1
事業名 夜須高原スマイルライフキャンプ 事業施設 国立夜須高原青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成30年10月13日(土)〜10月14日(日)
事業概要  ひとり親家庭の生活の向上や安心に寄与するため、保護者同士で子育てに関する不安や悩みを共有し、互いに学び合い、ネットワークづくりを行う。また、様々な自然体験活動・生活体験活動を通して、親子間や子ども同士のコミュニケーションを深め、子どもの自立心や協調性、自己肯定感、チャレンジ精神等の向上を図る。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→