トップページ >  活動内容:共同生活体験
【さらに絞り込む場合はこちら】 キャンプ活動 野外炊事 長期宿泊体験 その他の共同生活体験
事業名 クリスマスセミナー ビギナー編 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 その他
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年12月16日(土)〜12月17日(日)
事業概要  各家庭で行うクリスマス行事がより楽しく充実したものになるよう,家族間の交流を図りながら,必要な知識・技術を身につけることを目的に,クリスマスクラフト作り・高遠チャレンジ&星空観察会・クリスマスケーキ作りを1泊2日の日程で実施した。
参考資料 報告書1
事業名 通学合宿 テンちゃん一家の一週間 事業施設 国立岩手山青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成29年11月12日(日)〜11月18日(土)
事業概要  日常の家庭生活と切り離した環境で,異なる学校・学年同士での共同生活や学習活動を行い,人と関わる力や集団生活のマナー,基本的な生活習慣の育成を図ることを目的とした事業である。滝沢市立滝沢第二小学校と滝沢東小学校の5〜6年生33名と8名の法人ボランティアが参加して,6泊7日の日程で実施した。活動を通して積極的に仲間と関わる中で,中学校に向けた目標づくりや仲間との交流,仲間作りの手立てを学び意識化を図ることができた。
参考資料 報告書1
事業名 チャレンジオータムキャンプ in ASO
(生活・自立支援キャンプ)
事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年11月4日(土)〜11月5日(日)
事業概要  子供たちがたくましく生きる力を育むために、登山や動物とのふれ合い体験、野外調理などの多様な体験をさせるとともに集団宿泊体験を通して、規則正しい生活習慣や自立する力、困難を克服する力を身につけさせる。
参考資料 報告書1
事業名 キッズチャレンジキャンプ 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年10月14日(土)〜10月15日(日)
事業概要  未就学児(年中,年長)を対象に,様々な遊びや生活体験を通してよりよく生活しようとする心情や態度などの基礎を養うことを目的としたキャンプ。初日は施設内の一角に様々な動きを誘発する遊び場を設置し,そこで自由に遊ばせた。2日目は薪割りや包丁を使って材料を切るところから調理に関わり,カレー,豚汁,ピザを作って楽しく食べた。
参考資料 報告書1
事業名 ジオパーク防災キャンプ 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年10月7日(土)〜10月9日(月)
事業概要  現在の小学生が大人になるまでの間に、南海トラフを震源とした巨大地震が高い確率で発生することが予想されている。そのような状況の中で生きていく高知県民として、地震や津波に対して正しい知識を持つことや被害を最小限にとどめるための減災の考え方を身につけておくことは非常に有効である。各方面の専門家から話を聞き、実際の体験を行うことで自分たちにできることを考える機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 テンパークちゃれんじくらぶ
〜ドキドキ わくわく・秋〜
事業施設 国立岩手山青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成29年9月9日(土)〜9月10日(日)
事業概要  高校生と大学生が,小学生を対象に体験活動の支援を行う「体験活動支援セミナー」の中に組み込まれた事業である。小学生が体験活動を通して,豊かな心とコミュニケーションの力を育てることをねらいとしている。
 親元を離れて宿泊体験を行う子供たちに青年リーダーが働きかけることで,子供たちが自主的に活動できるようにプログラムを組んでいった。1日目はアイスブレイク,野外炊事,キャンプファイヤー等の活動を行い,2日目は「オリジナルクラフトちゃれんじ」というテーマの下,館内をグループで回り,チェックポイントで手に入れた自然の素材やビーズ等を石けん粘土をつけた芯材に飾り付けるペン立て作りに挑戦した。2日間の活動を通して,青年リーダーと子供たちの距離がどんどん近くなった。
参考資料 報告書1
事業名 富士のさと わくわくキャンプ(こども編) 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成29年9月9日(土)〜9月10日(日)
事業概要  キャンプ活動などの体験活動を通じて、子供たちの自主性・協調性・基本的生活習慣を育み「生きる力」を身につける。
 ボランティアが企画の段階から携わることで、ボランティア養成研修の参加者等が身につけた内容を子供対象のキャンプで実践してスキルアップを図る。
参考資料 報告書1
事業名 ひだかちゃん家に泊まらナイト2017 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成29年9月3日(日)〜9月9日(土)
事業概要  施設近隣の3町村、3小学校の異なる学校・年齢の児童が、施設を拠点に長期宿泊や自然体験活動などをとおして、コミュニケーション能力、自立心、自己肯定感を高めることを目的とした。寝具の整頓や身支度などの生活体験をはじめ、野外炊事など野外活動なども体験した。自主学習では学生ボランティアの学習支援を受け、前向きに取り組むことができた。施設周辺のフィールドを活かし、外部団体によるラフティングも実施した。最終日には保護者対象に「子供の体験活動の有用性について」をテーマとした学習会を実施した。
参考資料 報告書1
事業名 チャレンジ!ETAJIMA
〜未知への挑戦・乗りこえろ自分の限界〜
事業施設 国立江田島青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成29年8月20日(日)〜8月24日(木)
事業概要  江田島市島内踏破やカッター研修という大きな挑戦を通して,仲間の大切さや協力することの重要性を学ぶとともに,人間としての強さやたくましさを育むことを目ざした。仲間と課題を解決する中で人間関係が深まり,全員が完全踏破し,ゴールすることができた。また,来年度6泊7日で安全に実施する上での課題を確認できたことも収穫である。
参考資料 報告書1
事業名 大草原からの贈り物
〜阿蘇山一周チャレンジキャンプ〜
事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成29年8月16日(水)〜8月19日(土)
事業概要  自然環境に恵まれた「阿蘇」の大地をフィールドとした長距離ハイキング等を通して、同じ目的をもった仲間とともに困難に挑戦し、最後までやり遂げる力を育むとともに他者への思いやりや積極性などの自立的行動習慣を身につける。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→