トップページ >  活動内容:スポーツ・レクリエーション
【さらに絞り込む場合はこちら】 スポーツ 武道 雪中での活動 レクリエーション その他のスポーツ・レクリエーション
事業名 おおすみくん家スポーツキャンプ
バレーボール
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年1月20日(土)〜1月21日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により,コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 中学生及び学校担当者(監督やコーチ),保護者等が参加し,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 のりくら雪ん子スノーキャンプ! 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成30年1月8日(月)〜1月9日(火)
事業概要  生活に課題や不安を抱える小中高生が、「冬の乗鞍の大自然」という日常とは異なる環境の中で、自然の癒しを受けたり、青年との交流を深めたりして、心身のリラックスを図る。また、スキー・スノーボード実習を通し、達成感や人と関わるよさを味わい、今後の生活の意欲付けを図る。
参考資料 報告書1
事業名 卓球クリニック in 淡路
〜目指せ!TOKYO●2020〜
事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  青少年教育指導者   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年1月3日(水)
事業概要  卓球を通じて、子ども達の心身の健康増進を図る。また、団体間の交流を深める。
参考資料 報告書1
事業名 みんなでバスケ 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年12月23日(土)〜12月24日(日)
事業概要  バスケットボールをとおして交流を深め、協調性や技術向上を図る。
 冬季は子供たちの運動する機会が減るため、運動不足の解消を促す。
参考資料 報告書1
事業名 幼児運動キャンプ 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 幼児   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年12月16日(土)〜12月17日(日)
事業概要  幼児期に体を動かして遊ぶことによって、児童期や青年期の運動やスポーツに親しむ資質や能力を育成し、さらに意欲や気力、対人関係などのコミュニケーション能力、社会性や認知的能力を育む。また、親子で宿泊体験をすることで、親子の絆を深め、保護者同士や園児同士の友達を増やす。
参考資料 報告書1
事業名 オータムVキャンプ in のりくら
秋季バレーボールカップ
事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年11月18日(土)〜11月19日(日)
事業概要  バレーボールを行っている中学生が、国立乗鞍青少年交流の家に集い、バレーボールの試合をとおして自らの技術や心に磨きをかけるとともに、つどいなどにおけるコミュニケーションゲームにより参加者相互の交流を図る。
参考資料 報告書1
事業名 集まろう!のりくら
第7回所長杯剣道大会
事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年10月28日(土)〜10月29日(日)
事業概要  剣道を通して心身を錬磨し、技術の向上を図る。集団宿泊を通じて参加者交互の広域的な交流を目指す。
参考資料 報告書1
事業名 幼児期の運動プログラム普及事業 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 幼児  親子  その他 事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( その他のスポーツ・レクリエーション ) 期 間 平成29年10月21日(土)〜10月22日(日)
平成30年1月20日(土)〜1月21日(日)
事業概要  幼児期の運動プログラム「36の基本的な動き」を取り入れた活動を実践することで、幼稚園、保育園、家庭等においてその活動が日常に取り入れられるようにするとともに、幼児期における体験活動の重要性を広く周知する。
参考資料 報告書1
事業名 親子でお泊まり会(普及啓発事業) 事業施設 国立大洲青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( その他のスポーツ・レクリエーション ) 期 間 平成29年10月14日(土)〜10月15日(日)
事業概要  お手伝いや基本的生活習慣の確立、幼児期に必要な「36の基本的な動き」を身につけるために、おやつ作りやアロママッサージ体験、アニマルうんどうプログラムを行い、体力・運動能力の基礎を培った。幼児期は安定した情緒の下で自己発揮できることから、法人ボランティアやスタッフとの信頼関係の構築に努めた。
参考資料 報告書1
事業名 「夢の実現への第一歩!さんべ卓球講習会」
〜岸川聖也選手&橋津文彦監督に学ぶ〜
事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年9月2日(土)〜9月3日(日)
事業概要  本事業は、世界の第一線で活躍しているアスリートやその指導者を招き、技術の習得や卓球に対する考えにふれることで、「夢や希望をもつこと」や「努力すること」の大切さに気づき、目標に向かってがんばろうとする青少年を育成することを目的としている。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→