トップページ >  活動内容:自然体験
【さらに絞り込む場合はこちら】 山・森での活動 川・湖での活動 海での活動 自然観察 その他の自然体験
事業名 桃太郎チャレンジキャンプ 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年8月19日(日)〜8月25日(土)
事業概要  小学校中学年という人間関係の大きな発達段階にある子供たちが、自然の中で共に宿泊体験や自然体験活動をすることを通して、集団の一員としての自覚を深め、協力してよりよい集団生活を気付こうとする態度や、自ら困難なことにもチャレンジしようとする心情を育む。
参考資料 報告書1
事業名 ながさき多良山系アドベンチャーキャンプ2018 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年8月19日(日)〜8月25日(土)
事業概要  小学校3年生から中学校2年生までの子供たちの長期キャンプ。民間の自然学校「とりかぶと自然学校」と共催で開催。様々な自然体験活動を通して,友達と協力することの大切さに気付くとともに,自然に親しむ心や感謝の心を育んだり,自己の体力向上を図ったりすることを目的とした。玉ねぎでTシャツの染色,登山や川遊び,キャンプファイヤー,野外炊事などの活動を行った。
参考資料 報告書1
事業名 徳地森の子くらぶ 〜ポン太の森でサマースクール〜 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年8月18日(土)〜8月19日(日)
事業概要  自然体験活動を通して自然に親しむ態度や豊かな情操を育むとともに、集団での宿泊体験を通して自立心や望ましい生活習慣を身に付ける素地を養う。また,本事業を実施し,参加者とその保護者の自然体験についての興味や関心が高まることで,体験活動の普及を推進することを目的とした事業である。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成30年8月16日(木)〜8月18日(土)
事業概要  今日の社会的環境,児童の現状,発達段階の研修を踏まえ,体験活動の意義と必要性,教育的効果について理解する。また,自然体験活動を実際に体験し,教師に求められるや自然体験活動の指導方法を身につけることにより,教師としてのコミュニケーション能力や指導力の向上を図ることをねらいとして,学習指導要領における体験活動の位置づけ,安全管理,体験活動の指導技術,人間関係作りの手法についての内容で実施した。
参考資料 報告書1
事業名 ツール・ド・I☆B〜夏の7daysキャンプ〜  事業施設 国立岩手山青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 その他
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年7月29日(日)〜8月4日(土)
事業概要  本施設から青森県立梵珠少年自然の家までの約170kmを自転車で走破する事業である。豊かな自然環境の中で,自然体験活動及び野営や炊事などの自立を促す生活体験活動をとおして,仲間の大切さや協力することの大切さを学ぶとともに,人間としての強さやたくましさを育むことを目的として行った。初対面の仲間と自転車移動を含む難易度の高いプログラムを励まし合いながら行うことができ,一人ひとりの成長を確認することができた。岩手県から15名,青森県から15名の参加者とボランティア7名,救護員1名,両施設のスタッフ10名,総勢48名で行った。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習「学校教育における自然体験活動」〜体験の風をおこそう〜
事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年7月23日(月)〜7月24日(火)
事業概要  本講習は「教員免許状更新講習」の選択講習(12時間)と して奈良教育大学と連携して実施したものである。本講習では、 自然体験活動の教育課程上の位置づけや各教科との関係、体験 活動の効果や重要性について、学校での実践事例を通して確認 した。同時に、学校でよく行われている野外活動(キャンプフ ァイアー、野外炊事など)について、実習を通して最新の知識 や技能、指導法を習得できるプログラムとして、また、各校で 自然体験活動の普及・啓発に努める力を育成することを目指し て内容を構成した。
参考資料 報告書1
事業名 ばんだいこどもの森キッズランド 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年7月21日(土)〜7月22日(日)
事業概要  年間を通して「ばんだいこどもの森」を活用し、幼児期に必要な運動能力を高め、基礎体力を養う体験を提供し、また、保護者には体験活動の重要性や子育てのヒントを得る機会を提供することを目的として開催した。
 ばんだいこどもの森での遊びを通して、「36の基本的な動き」を幼児が自由に遊びながら身につけることができるようにした。また、親子で体を動かす心地よさや楽しさを感じることができるための場を提供した。
 こどもの森での森遊びや探検、子ども体験遊びリンピックを取り入れた活動を行った。また、アウトドアクッキング(ピザ作り)では親子で一緒に体験することによって、たくさんふれあう場を設定した。
 子育てカフェでは、保護者同士が子供の活動の様子や子育てについて話し合うことで交流を深めたり、若い親世代には子育てに関して学んだりする機会となった。
参考資料 報告書1
事業名 子ども環境探検隊「三陸ジオパーク編」 事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年7月14日(土)〜7月16日(月)
事業概要  三陸ジオパークとその周辺の豊かな自然のもと、自然体験活動を通じて、自然の雄大さを感じとり、自然の仕組みについて理解を深めるとともに、その保護や活用について考え、地域に根ざした環境教育の推進を図る。
参考資料 報告書1
事業名 MYOKOチャレンジ2018
〜山を越え、自分を超える。一生忘れない仲間と一生忘れない13日間〜
事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年7月14日(土)〜7月15日(日)
平成30年7月29日(日)〜8月10日(金)
事業概要  本事業は、子供たちの「社会を生き抜く力」を育成するために実施した12泊13日の長期キャンプである。またこのキャンプは、統合型キャンプとして、性別や障害の有無等に関係なく、様々な個性や特性をもつ子供たちが、自然への挑戦や他者との協働を通して、「社会を生き抜く力」を育成することをねらいとしているキャンプである。活動場所は、信越トレイル(全長約80km)と、妙高戸隠連山国立公園の一部である笹ヶ峰・火打山・妙高山である。テント泊をしながら生活し、大自然の困難な状況の中でも、様々な活動を仲間と協力しながら乗り越えていくことで社会を生き抜く力の育成をする。
参考資料 報告書1
事業名 徳地森の子くらぶ
〜わくわく!ポン太の森の冒険隊〜
事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年6月23日(土)〜6月24日(日)
事業概要  自然体験活動を通して自然に親しむ態度や豊かな情操を育むとともに、集団での宿泊体験を通して自立心や望ましい生活習慣を身に付ける素地を養う。また,本事業を実施し,参加者とその保護者の自然体験についての興味や関心が高まることで,体験活動の普及を推進することを目的とした事業である。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→