トップページ >  活動内容:自然体験
【さらに絞り込む場合はこちら】 山・森での活動 川・湖での活動 海での活動 自然観察 その他の自然体験
事業名 ばんだいこどもの森キッズランド 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年1月26日(土)〜1月27日(日)
事業概要  年間を通して「ばんだいこどもの森」を活用し、幼児期に必要な運動能力を高め、基礎体力を養う体験を提供し、また、保護者には体験活動の重要性や子育てのヒントを得る機会を提供することを目的として開催した。
 今回は冬の「ばんだいこどもの森」を使って、新雪の中を歩く「深雪体験」を行った。親子で自由に雪の中を歩き回ったり、坂を転がったり、動物の足跡を見つけたり、自ら考え活動していくための場の設定や親子で雪の中を思い思いに体を動かす心地よさや楽しさを感じることができるための場を提供した。また、こどもの森での森探検の他に、「雪灯ろう作り」や「雪遊び(そり・スノーチューブ体験)」、雪の中で作る「アイスクリーム作り体験」などを行った。身近な材料で簡単に作ることができて楽しく試食することができた。
 「子育てカフェ」では、保護者同士が子供の活動の様子や子育てについて話し合うことで交流を深めたり、若い親世代には子育てに関して学んだりする機会となった。
参考資料 報告書1
事業名 リメンバー桃チャレ 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 小学生  ボランティア   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年1月12日(土)〜1月14日(月)
事業概要  8月に行われた「桃太郎チャレンジキャンプ」から約半年が過ぎ、寝食を共にした仲間たちと再会し、現在の様子について伝えあう。また、4月から次の学年へ上がることを考え、さらなるチャレンジに取組み、自信をつけ、自己肯定感を上げることを目的とする。
参考資料 報告書1
事業名 山から君へのメッセージ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 不登校・ひきこもり )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年12月25日(火)〜12月28日(金)
事業概要  冬の高隈山縦走を通して,自然の厳しさや偉大さを体感するとともに,最後までやり遂げる忍耐力や協力心を培い,青少年の自立を支援することを目的に3泊4日で実施した。
 鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟の指導のもと,適切なコース設定を行い,参加者の安全を確保した。参加者はお互いに声をかけ合い助け合いながら全員が縦走を終えた。
参考資料 報告書1
事業名 「ファミリーキャンプ(探検編)」 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年12月22日(土)〜12月23日(日)
事業概要  未就学児〜小学生がいる家族を対象とした事業である。
 1日目は,普段会うことのない家族が集まるキャンプなので,家族間交流が生まれるような自然探検を行った。その際にお気に入りの自然物を採集した。
 2日目は,1日目の自然探検で採集したものを使って,世界に一つだけのペンダントを作成した。
参考資料 報告書1
事業名 森の声キャンプ 事業施設 国立若狭湾青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年12月15日(土)〜12月16日(日)
事業概要  若狭湾の自然の中で思いっきり遊ぶことを通して、自然の素晴らしさを味わい、自然への興味や理解を深める。
 ハイキングの中での様々な課題やハードルを乗り越える体験を通して、達成感や充実感、思いやりの心を育む。
参考資料 報告書1
事業名 「そにっとキャンプ 旅立ちのキャンプ」 事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの抱える問題 ( 発達障害 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年12月15日(土)〜12月16日(日)
事業概要  全3回の最終回として、1泊2日のキャンプを実施した。
 「亀山登山」、「カプラ大会」、「汁物作り」、「そにっとキャン プの思い出のスピーチ」等を実施した。
 曽爾のキャラクター「そにっと」が登場してミッションが 与えられるストーリーキャンプを行った。活動全体において は「手順カード」を活用し、「キャンプのやくそく」により具 体的な好ましい行動を示し、達成感を味わうことができるよ うにした。
参考資料 報告書1
事業名 体験の風をおこそう ファミリーキャンプ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年12月8日(土)〜12月9日(日)
事業概要  自然体験を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目は親子で火おこしにチャレンジ後,ダッチオーブンを使ったアウトドアクッキングとして,パエリアやポトフを作った。
 2日目はアルミホイルを使ったお手軽アウトドアクッキングとして,ピザや焼きリンゴ,焼きマシュマロを作った。
 1泊2日の活動を通して,家族相互の交流を深めることができた。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講座 事業施設 国立大洲青少年交流の家
対 象 青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成30年11月30日(金)〜12月2日(日)
事業概要  受講者は3日間、国立大洲青少年交流の家や大洲市を流れる 肱川を活動の中心として、安全管理や実際の現場での指導者と しての指導法・技術の習得などを学んだ。講義では、受講者自 らが考え、発言する主体的な活動も盛り込んだ内容を取り入れ た。最終日には、カヌーに乗って川下りを行い、河原の地形を 見たり、アユを捕る「瀬張り」などを通過したり、自然体験活 動を行うにあたって安全面において、配慮をする部分などを学 んだ。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習会 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年11月23日(金)〜11月25日(日)
事業概要  自然体験活動指導者認定制度における養成カリキュラム(概論機砲亡陲鼎い森崕会を実施し、自然体験活動指導者(NEALリーダー)を養成することで、自然体験活動の推進に寄与する。
参考資料 報告書1
事業名 少年少女登山教室 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年11月17日(土)〜11月18日(日)
事業概要  登山をとおして,人が自然とかかわることの素晴らしさや,スポーツとしての登山を体験させ,登山の普及の一助とすることを目的に,鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟の共催のもと実施した。
 1日目に登山やスポーツクライミングの基礎知識等に関する講座・説明の後,スポーツクライミングを行った。2日目は,御岳登山口から御岳頂上を目指し登山を行った。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→