トップページ >  事業目的:その他
事業名 ツール・ド・I☆B〜夏の7daysキャンプ〜  事業施設 国立岩手山青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 その他
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年7月29日(日)〜8月4日(土)
事業概要  本施設から青森県立梵珠少年自然の家までの約170kmを自転車で走破する事業である。豊かな自然環境の中で,自然体験活動及び野営や炊事などの自立を促す生活体験活動をとおして,仲間の大切さや協力することの大切さを学ぶとともに,人間としての強さやたくましさを育むことを目的として行った。初対面の仲間と自転車移動を含む難易度の高いプログラムを励まし合いながら行うことができ,一人ひとりの成長を確認することができた。岩手県から15名,青森県から15名の参加者とボランティア7名,救護員1名,両施設のスタッフ10名,総勢48名で行った。
参考資料 報告書1
事業名 明治維新150周年関連事業
歴史をたどる大隅路 〜大隅と西郷どん・西南戦争〜
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 その他 期 間 平成30年7月7日(土)〜7月8日(日)
事業概要  明治維新150周年にあたる今年,大隅半島に残されている西郷隆盛ゆかりの地や逸話,西南戦争に関係する史跡について学んだ。
 1日目は,南大隅町,鹿屋市及び曽於市の史跡を見学し,夜の講話では大隅半島と西郷との関わり,西南戦争について学んだ。
 2日目は,西郷ゆかりの町である「高須地区」を訪れ,ガイドの方々による説明を受けた。
参考資料 報告書1
事業名 集まろう!のりくら ‖茖恐鷏道錬成会 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年5月12日(土)〜5月13日(日)
事業概要  剣道を通して心身を錬磨し、技術の向上を図る。集団宿泊を通じて参加者交互の広域的な交流を目指す。
参考資料 報告書1
事業名 スプリングキャンプ in のりくら
第15回所長杯バレーボール大会
事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 中学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年4月28日(土)〜4月29日(日)
事業概要  バレーボールを行っている中学生が、国立乗鞍青少年交流の家に集い、バレーボールの試合をとおして自らの技術や心に磨きをかけるとともに、交流会におけるコミュニケーションゲームにより参加者相互の交流を図る。
参考資料 報告書1
事業名 親子でキャンプ in ASO 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 その他
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年3月24日(土)〜3月25日(日)
事業概要  家族で自然体験・生活体験等の活動を通して、親子の絆を深めるとともに、野外活動の楽しさを味わわせる。また、阿蘇の自然の中での体験活動を通して、子供の豊かな情操を養う。
参考資料 報告書1
事業名 親子 de まるごと自然体験 3月 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 その他
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成30年3月10日(土)〜3月11日(日)
事業概要  共同体験・協働作業を通して、親子が絆を深めることができ、また他の家族と情報交換を通して交流する楽しさを味わえる機会になるよう、さまざまな自然体験プログラムを実施した。
 参加者からは「今回も楽しく参加させていただきました」「充実していた」などの感想をいただいた。
 今後もより満足度の高いプログラムを提供していく。
参考資料 報告書1
事業名 ボランティア自主企画事業「遊びを極め隊」 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( その他のスポーツ・レクリエーション ) 期 間 平成30年3月3日(土)〜3月4日(日)
事業概要  小学生4〜6年生を対象とした、ボランティア自主企画事業。外で遊ぶ機会が減っている子ども達に、1泊2日で昔遊びや外遊びを提供し、遊びの魅力を知ってもらう。
 また、最後にはグループごとにオリジナルの遊びを考えてもらい、それを参加者全員で楽しむ。
参考資料 報告書1
事業名 おもしろ理科工作(親子編) 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 幼児  小学生   事業目的 その他
活動内容 科学体験 ( 科学実験 ) 期 間 平成30年2月17日(土)〜2月18日(日)
事業概要  子どもたちの理科離れが問題となって久しいが、現実には子どもの理科の成績が世界的に見ても高いにも関わらず、理科を楽しいと感じている子どもが少ないことに問題がある。目に見えない自然の法則を机上の空論ではなく、実体験を通して考える活動を通して子どもたちに理科の楽しさを実感させることで、子どもが理科を好きになるきっかけ作りとしたい。
参考資料 報告書1
事業名 子ども 防災力トレーニングキャンプ 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成30年2月10日(土)〜2月12日(月)
事業概要  本事業は、防災への備えを学ぶとともに、自分で考え行動する力や他者を思いやる心など子供の生き抜く力を育てるキャンプです。またボランティア自主企画事業として、職員の支援のもと、事業を企画・実施することにより、ボランティアの資質向上を図るものです。
参考資料 報告書1
事業名 若狭湾 海の自然学校 〜矢代湾で生きる〜 同窓会 事業施設 国立若狭湾青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 その他
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成30年2月10日(土)〜2月11日(日)
事業概要  「若狭湾 海の自然学校〜矢代湾で生きる〜」の参加者が再び一堂に会し、ともに活動をすることを通して当時の学びを再確認するとともに、さらなる交流を深めることを目的として実施した。テント泊や野外炊事など、自然学校で学んだ技能を活かしたり、夜のキャンドルサービスでは思い出スライドを上映して、自然学校の思い出を語り合ったりした。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→