トップページ >  事業目的:青少年の社会性育成
事業名 卓球クリニック in 淡路
〜目指せ!TOKYO●2020〜
事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  青少年教育指導者   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成31年1月3日(木)〜1月4日(金)
事業概要  卓球を通じて、子ども達の心身の健康増進を図る。また、団体間の交流を深める。
参考資料 報告書1
事業名 森の声キャンプ 事業施設 国立若狭湾青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年12月15日(土)〜12月16日(日)
事業概要  若狭湾の自然の中で思いっきり遊ぶことを通して、自然の素晴らしさを味わい、自然への興味や理解を深める。
 ハイキングの中での様々な課題やハードルを乗り越える体験を通して、達成感や充実感、思いやりの心を育む。
参考資料 報告書1
事業名 吉備の森でABC! 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成30年12月8日(土)〜12月9日(日)
事業概要  外国人との交流を通して外国文化に親しみを持つとともに、国際交流を楽しみながら外国人とのコミュニケーションを図る。
参考資料 報告書1
事業名 国際交流きらめき阿蘇キャンプ 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 大学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成30年11月10日(土)〜11月11日(日)
事業概要  熊本県内の大学に在学している留学生と日本人学生が交流できる場を提供することにより、国際社会に向けた学生の視野を広げるとともに、相互の異文化理解と交流を図る。また、持続可能な共生社会の実現に貢献し得る態度を養うとともにグローバルな視点を備えた次世代リーダーの育成を図る。
参考資料 報告書1
事業名 若狭湾!子どもキャンプ!! 事業施設 国立若狭湾青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月27日(土)〜10月28日(日)
事業概要  若狭湾の自然の中で思いっきり遊ぶことを通して、自然の素晴らしさを味わう。
 自然の中で、仲間と協力しながら様々な活動にチャレンジすることを通して、協調性や自立心を育む。
 本事業は、当施設で活動している大学生ボランティアが企画・運営する教育事業である。
参考資料 報告書1
事業名 AWAJI未来探検隊 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 その他 期 間 平成30年10月20日(土)〜10月21日(日)
平成30年12月23日(日)〜12月24日(月)
事業概要  小学校4年生から中学生を対象に、初めて出会った仲間と共通の体験を通して淡路島の魅力について実感してもうらことにより、淡路島に誇りを持ち、そして未来を創る青少年を育成する。今回は1900年にホルスタインが導入されてからの酪農家の努力と関係者の熱意に支えられてきた「淡路島牛乳」をテーマとして、生産牧場や観光牧場の見学、工場見学や牛乳飲み比べの実施、各班でオリジナルの創作牛乳メニューを考案・調理した。
参考資料 報告書1
事業名 体験!発見!ジオパーク(防災編) 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成30年9月22日(土)〜9月24日(月)
事業概要  今後30年の間に、南海トラフを震源とした巨大地震が70%〜80%と高い確率で発生することが予想されている。そのような状況の中で、地震や津波に対して正しい知識を持つことや被害を最小限にとどめるための減災の考え方を身につけておくことは非常に有効である。室戸市が取り組む防災対策について話を聞き、ライフラインを制限された生活を経験することで自助、共助、公助について考える機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 富士のさと わくわくキャンプ 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年9月8日(土)〜9月9日(日)
事業概要  キャンプ活動などの体験活動を通じて、子供たちの自主性・協調 性・基本的生活習慣を育み「生きる力」を身につける。
 ボランティアが企画の段階から携わることで、ボランティア養成研修 の参加者等が身につけた内容を子供対象のキャンプで実践してスキルアップを図る。
参考資料 報告書1
事業名 「日独学生青年リーダー交流事業」地方施設プログラム 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 ボランティア  その他 事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成30年8月29日(水)〜9月3日(月)
事業概要  1、ドイツの青年団等でリーダーやボランティアとして活動する学生・青年との文化体験、意見交換等を行うことにより、日独の相違を理解し青年リーダーとして資質を高めていく。
 2、町内小学校訪問やホストファミリーとの交流を深め、国際理解や国際交流に関する機運の醸成を図る。
参考資料 報告書1
事業名 体験!発見!ジオパーク(夏編) 事業施設 国立室戸青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成30年8月28日(火)〜8月30日(木)
事業概要  1日目は、奈半利町海浜センターでカヤックの活動を行った。今回の活動では、カヤックに箱眼鏡を積み、美しいサンゴを観察することができた。2日目は、スノーケリングの活動を行った。研修指導員の方にスノーケリングの指導をしていただき、海の中に生息している様々な生き物を観察した。3日目は、室戸世界ジオパークセンターの専門員の指導で、岬探勝を行った。海岸で、石集めゲームを行い、砂岩や泥岩などの岩石のつくりについて学んだ。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→