トップページ >  事業目的:子育て
事業名 ばんだいこどもの森キッズランド 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年1月26日(土)〜1月27日(日)
事業概要  年間を通して「ばんだいこどもの森」を活用し、幼児期に必要な運動能力を高め、基礎体力を養う体験を提供し、また、保護者には体験活動の重要性や子育てのヒントを得る機会を提供することを目的として開催した。
 今回は冬の「ばんだいこどもの森」を使って、新雪の中を歩く「深雪体験」を行った。親子で自由に雪の中を歩き回ったり、坂を転がったり、動物の足跡を見つけたり、自ら考え活動していくための場の設定や親子で雪の中を思い思いに体を動かす心地よさや楽しさを感じることができるための場を提供した。また、こどもの森での森探検の他に、「雪灯ろう作り」や「雪遊び(そり・スノーチューブ体験)」、雪の中で作る「アイスクリーム作り体験」などを行った。身近な材料で簡単に作ることができて楽しく試食することができた。
 「子育てカフェ」では、保護者同士が子供の活動の様子や子育てについて話し合うことで交流を深めたり、若い親世代には子育てに関して学んだりする機会となった。
参考資料 報告書1
事業名 「ファミリーキャンプ(探検編)」 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年12月22日(土)〜12月23日(日)
事業概要  未就学児〜小学生がいる家族を対象とした事業である。
 1日目は,普段会うことのない家族が集まるキャンプなので,家族間交流が生まれるような自然探検を行った。その際にお気に入りの自然物を採集した。
 2日目は,1日目の自然探検で採集したものを使って,世界に一つだけのペンダントを作成した。
参考資料 報告書1
事業名 体験の風をおこそう ファミリーキャンプ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年12月8日(土)〜12月9日(日)
事業概要  自然体験を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目は親子で火おこしにチャレンジ後,ダッチオーブンを使ったアウトドアクッキングとして,パエリアやポトフを作った。
 2日目はアルミホイルを使ったお手軽アウトドアクッキングとして,ピザや焼きリンゴ,焼きマシュマロを作った。
 1泊2日の活動を通して,家族相互の交流を深めることができた。
参考資料 報告書1
事業名 ファミリーフェスティバル
〜若狭湾クラフトマルシェ〜
事業施設 国立若狭湾青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 文化芸術体験 ( 創作活動 ) 期 間 平成30年12月1日(土)〜12月2日(日)
事業概要  健康増進と親子関係の向上をはかるため、親子を対象とし、クラフト活動、遊びリンピック活動、読書活動等を通して、親子が触れ合う機会を充実させた。
 また、様々な創作活動を通して、日常生活に体験活動を取り入れられるきっかけづくりとする内容となっている。
参考資料 報告書1
事業名 親子でたのしむ!唄と絵本のせかいinさんべ 事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  親子  青少年教育指導者  その他 事業目的 子育て
活動内容 文化芸術体験 ( その他の文化芸術体験 ) 期 間 平成30年11月17日(土)〜11月18日(日)
事業概要  本事業は、子守唄や絵本に興味のある方に対し、子守唄や童謡、絵本のすばらしさを「体験」を通して、感じることができる場の提供を行う。
 親子活動の促進を通して、家族の中でコミュニケーションをとるきっかけとし、家族の絆を深めることを目的としている。
参考資料 報告書1
事業名 親子ちゃれんじ◆〔椹悗讃◆!釣り師と寿司職人 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成30年11月10日(土)〜11月11日(日)
事業概要  生き物と駆け引きをしながら釣った魚を、料理し、それを食べることで、自然相手の体験の楽しさや、食べることは命を頂く事ということを親子で実感する。また同年代の子どもを育てる家族が多数集まるため、日常とは違うコミュニティでの家族間の交流を育み、様々な考え方に触れる機会を提供する。
参考資料 報告書1
事業名 わくわく!のり森ランド 〜家族の絆プロジェクト〜 第3回「秋の森」 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月20日(土)〜10月21日(日)
事業概要  幼児期の子育てを行う親が「五感」を使って自然を味わい楽しむことで自然体験の必要性を実感し、子どもとの体験活動への意欲を高める。また、子育てに関わる情報の共有化を図り、ネットワーク作りのきっかけとする。
参考資料 報告書1
事業名 ファミリーキャンプ(カヌー編)〜秋の自然を感じよう〜 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月13日(土)〜10月14日(日)
事業概要  親子一緒に自然の中で様々な体験活動を行うことを通して,自然に親しむ心情を育むとともに,親子の絆を深める一助とすることを目的とした事業。初日は白木峰高原でのコスモス観察,夕食後はナイトハイクと星空観察を行い,二日目は,長崎県央振興局と長崎県カヌー協会の協力のもと諫早湾干拓調整池に注ぐ本明川でカヌー体験を行った。これらの活動を通して,諫早の秋の自然を感じ,親子で楽しむことができた。
参考資料 報告書1
事業名 わくわく!のり森ランド 〜家族の絆プロジェクト〜 第2回「森で遊ぼう」 事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月6日(土)〜10月7日(日)
事業概要  幼児期の子育てを行う親が「五感」を使って自然を味わい楽しむことで自然体験の必要性を実感し、子どもとの体験活動への意欲を高める。また、子育てに関わる情報の共有化を図り、ネットワーク作りのきっかけとする。
参考資料 報告書1
事業名 ばんだいこどもの森キッズランド 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年9月29日(土)〜9月30日(日)
事業概要  年間を通して「ばんだいこどもの森」を活用し、幼児期に必要な運動能力を高め、基礎体力を養う体験を提供し、また、保護者には体験活動の重要性や子育てのヒントを得る機会を提供することを目的として開催した。
 ばんだいこどもの森での遊びを通して、幼児が自由に遊びながら自ら考え活動していくための場の設定や親子で体を動かす心地よさや楽しさを感じることができるための場を提供した。具体的には、こどもの森での森遊びや探検、子ども体験遊びリンピックを取り入れた活動を行った。また、雨のため屋内で森のクラフトやアウトドアクッキング(けんちんうどん作り)を行った。家族合同で行い、交流を深めることができた。
 子育てカフェでは、保護者同士が子供の活動の様子や子育てについて話し合うことで交流を深めたり、若い親世代には子育てに関して学んだりする機会となった。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→