トップページ >  事業目的:学校教育支援
【さらに絞り込む場合はこちら】 幼稚園・保育園 小学校・中学校 高等学校・大学 教員
事業名 平成29年度 生徒会リーダースキルアップ研修会 事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 中学生  学校教員   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成30年3月29日(木)〜3月30日(金)
事業概要  県内中学校の生徒会リーダーが共に学び、活動する機会をもつことで、生徒会運営のための技能と意欲の向上を図る。また、1泊2日の宿泊活動を通して、他校との交流を深めるとともに、規則正しい生活時程を再認識する機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 徳地の森 通学キャンプ 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成30年2月28日(水)〜3月3日(土)
事業概要  他の小学校区から参加したり学年が異なったりする友達と,家庭を離れて通学しながら自然の家で3泊4日の共同生活を送ることにより,規則正しい生活習慣の素地を養うとともにもに,他校区の友達と交流して仲良くなり,スムーズに中学1年生での生活に移行する素地が育まれるようにした。
参考資料 報告書1
事業名 中1ギャップ解消プログラム開発事業
「うずしお交遊塾」
事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生  大学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成30年1月24日(水)〜1月27日(土)
事業概要  子どもたちが家庭を離れ、異年齢の青少年が集って共同生活をすることを通して、望ましい人間関係の育成や自主自立の精神を養う。また、地域の安全・防災について、日常の備えや的確な判断のもと、地域の安全・防災について主体的に行動することや災害時の助け合いの大切さについての理解を深める。
参考資料 報告書1
事業名 幼稚園・こども園・保育園(所)を対象とした訪問クラフト教室 事業施設 国立立山青少年自然の家
対 象 幼児  小学生  親子   事業目的 学校教育支援 ( 幼稚園・保育園 )
活動内容 文化芸術体験 ( 創作活動 ) 期 間 平成29年10月25日(水)〜12月27日(水)
事業概要  子供たちが、木の枝や実などの自然物の持ち味を生かし、工夫をこらしながら自分だけの作品を制作することにより、創作の楽しさを味わうとともに、自然に対する興味・関心を高める。
参考資料 報告書1
事業名 キミも宇宙兄弟!〜ドキドキ夢体験〜 事業施設 国立立山青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 科学体験 ( 自然探究 ) 期 間 平成29年10月21日(土)〜10月22日(日)
事業概要  天文を学習する小学校4年生から6年生を対象に、体験活動を中心にした天文学習を行い、宇宙に夢を求めた人々の生き方を参考にして、「夢を実現させること」について考えを深める。グループでさまざまな課題を解決する過程において、「仲間との絆」や「人間関係形成力」「コミュニケ―ション能力」を育てる。
参考資料 報告書1
事業名 平成29年度教員免許状更新講習
〜シーカヤック・スノーケリング体験と
学習指導に活かす体験活動〜
事業施設 国立若狭湾青少年自然の家
対 象 学校教員   事業目的 学校教育支援 ( 教員 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成29年10月14日(土)〜10月15日(日)
事業概要  国立若狭湾青少年自然の家の立地・環境を活かした特徴的な海での活動を体験しながら学習指導や学級経営について考える講習を実施している。福井大学と連携して、午前は水辺の安全管理や体験活動の仕組み方などを講義で学び、実際の活動についての意見をグループ討議で交流する。午後はシーカヤックやスノーケリング活動を通して安全管理を演習する。
参考資料 報告書1
事業名 なすかしの森チャレンジスクール 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( その他の交流体験 ) 期 間 平成29年9月6日(水)〜9月8日(金)
事業概要  本施設のある西郷村立小学校全5校に在籍する6年生が、中学校に進学するに当たって、不安をなくし、意欲を持つとともに中1キャップを解消することを目的に実施した。村長や教育長、中学校長の講話や、学校を超えた男女混合グループで、様々な体験プログラムを行うことで、交流が深まるよう工夫した。本事業と村内立小学校5年生対象のセカンドスクールと継続することで中1ギャップ解消につながる。
参考資料 報告書1
事業名 富士のさと イングリッシュキャンプ 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成29年8月20日(日)〜8月22日(火)
事業概要  ネイティブの外国人と英会話を用いた様々な活動及び生活をすることで,英語に親しみ,生きた英語を身に付けるとともに,国際的な感覚を身に付ける。同時に,積極的にコミュニケーションをとろうとする姿勢を身に付ける。
参考資料 報告書1
事業名 HIDAKAアルティメットキャンプ 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成29年7月31日(月)〜8月5日(土)
事業概要  日常の生活から離れ、長期の野外活動の中で仲間と協力する心地よさ、困難を乗り越える喜びを感じ、「やればできる」という自己肯定感や生活意欲の向上を促す機会をつくることをねらいとした。参加者は、岡春部川、千栄地区、沙流川、北日高岳等の豊かな自然に触れる体験とともに、集団生活を通して相互の人間的な触れ合いを深め、楽しい思い出をつくることができた。
参考資料 報告書1
事業名 ミクロネシア諸島自然体験交流事業(受入) 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成29年6月22日(木)〜6月26日(月)
事業概要  日本とミクロネシア諸島の国々の青少年国際交流を通して、グローバル社会に対応した国際感覚を備えた青少年を育成することを目的に実施した。日本の子どもたちが招聘参加者と学校訪問や共同宿泊体験、沢登りなどの自然体験活動で交流し、ホームステイでは事前学習で学んだ英会話を活かしてコミュニケーションを図り、楽しい思い出をつくることができた。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→