トップページ >  事業目的:指導者・ボランティアの養成
【さらに絞り込む場合はこちら】 指導者 青少年教育施設職員 ボランティア
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年8月17日(金)〜8月19日(日)
事業概要  教員が,学習指導要領改訂で示された児童・生徒の「体験活動」の必要性について,一層の理解を深め,教員としての資質の向上を図る。またその実習体験をすることにより,教育内容の充実を図る。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成30年8月16日(木)〜8月18日(土)
事業概要  今日の社会的環境,児童の現状,発達段階の研修を踏まえ,体験活動の意義と必要性,教育的効果について理解する。また,自然体験活動を実際に体験し,教師に求められるや自然体験活動の指導方法を身につけることにより,教師としてのコミュニケーション能力や指導力の向上を図ることをねらいとして,学習指導要領における体験活動の位置づけ,安全管理,体験活動の指導技術,人間関係作りの手法についての内容で実施した。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習「学校教育における自然体験活動」〜体験の風をおこそう〜
事業施設 国立曽爾青少年自然の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年7月23日(月)〜7月24日(火)
事業概要  本講習は「教員免許状更新講習」の選択講習(12時間)と して奈良教育大学と連携して実施したものである。本講習では、 自然体験活動の教育課程上の位置づけや各教科との関係、体験 活動の効果や重要性について、学校での実践事例を通して確認 した。同時に、学校でよく行われている野外活動(キャンプフ ァイアー、野外炊事など)について、実習を通して最新の知識 や技能、指導法を習得できるプログラムとして、また、各校で 自然体験活動の普及・啓発に努める力を育成することを目指し て内容を構成した。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成研修 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年7月14日(土)〜7月16日(月)
事業概要  自然体験活動指導者認定制度における養成カリキュラム(概論機砲亡陲鼎い森崕会を実施し,自然体験活動指導者(NEALリーダー)を養成することで,自然体験活動の推進に寄与することを目的に研修を実施した。
 研修には今後,交流の家を利用される学校や学童支援員が下見を兼ねての参加や社会教育を学ぶ学生など14名が参加した。
参考資料 報告書1
事業名 親子でピザ作り体験教室〜手作り段ボールオーブンでピザを焼こう!〜(ボランティア自主企画事業) 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 親子  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月23日(土)〜6月24日(日)
事業概要  親子で段ボールオーブンを作る段階からピザ作りをすることで、身近にある材料や食材でおいしいピザができることに気付くとともに、食事をつくる大変さを体験し、家族への感謝の心や自ら実践する心を育て、家族間の交流を深める。
 また、ボランティアが中心となって事業を企画・実施することで、ボランティアとしての資質の向上を図る。
参考資料 報告書1
事業名 富士のさと ボランティア養成研修 事業施設 国立中央青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月16日(土)〜6月17日(日)
事業概要  ボランティア養成では,青少年の体験活動を支援するボランティアに求められる知識・技能を習得するとともに,ボランティア活動の意欲を高めることを目的に研修を実施した。
 研修には県内を中心に33名が参加した。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度ボランティア養成セミナー 事業施設 国立淡路青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 世代間交流 ) 期 間 平成30年6月16日(土)〜6月17日(日)
事業概要  キャンプや野外活動に興味を持っている人、子どもたちと関わることに興味がある人を募ったセミナー。ボランティア活動について理解を深め、必要な知識・技術を学ぶことで、若者のスキルアップを図る。また、今後のボランティア活動の見通しを立て、継続してボランティア活動に携わることができる人材を育成する。
参考資料 報告書1
事業名 子どもを支援する青年ボランティア養成研修 事業施設 国立那須甲子青少年自然の家
対 象 大学生  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月16日(土)〜6月17日(日)
事業概要  本施設や、本機構で活躍するボランティアの養成を目的とした研修を実施した。
 NPO法人の理事や大学教授などを講師としてお招きし、「青少年教育施設の役割」や、「ボランティア活動の意義」、「青少年理解」などの講義を行っていただいた。また、演習として、「野外炊事」を実際に体験したり、当施設の事業の企画案を考えたりすることにより意欲的を高める内容となった。
参考資料 報告書1
事業名 やる気!元気!ボランティア! 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月15日(金)〜6月17日(日)
事業概要  ボランティア活動に必要な知識や技能の向上を図り,ボランティアとしての資質を高め,広く社会でボランティア活動に取り組める青少年を育成するとともに、全国体験活動指導者認定委員会が制定した「自然体験活動指導者養成カリキュラム」に則り、子供の発達段階に応じて安全な活動を指導できる人材を養成する。
参考資料 報告書1
事業名 ボランティア養成研修 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 高校生  大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月9日(土)〜6月10日(日)
事業概要  青少年教育施設の役割を理解するとともに,野外活動等の指導・ 支援ができるボランティア及び指導者の養成・確保を図った。
 1日目は,講義「青少年における体験活動」,実習「自然体験活 動の技術」(野外炊飯)などを行った。
 2日目は,講義「青少年施設におけるボランティア活動」,実習「自然体験活動の安全管理」などを行った。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→