トップページ >  事業目的:環境保全・環境教育
【さらに絞り込む場合はこちら】 森林・草原 河川・湖 海洋
事業名 少年少女登山教室 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年11月17日(土)〜11月18日(日)
事業概要  登山をとおして,人が自然とかかわることの素晴らしさや,スポーツとしての登山を体験させ,登山の普及の一助とすることを目的に,鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟の共催のもと実施した。
 1日目に登山やスポーツクライミングの基礎知識等に関する講座・説明の後,スポーツクライミングを行った。2日目は,御岳登山口から御岳頂上を目指し登山を行った。
参考資料 報告書1
事業名 森を守ろう!〜吉備の森レンジャー〜 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年11月4日(日)
事業概要  吉備高原の魅力や自然の中で行う活動の素晴らしさを家族で体験する機会とし、自然を大切にする気持ちを育てる。
参考資料 報告書1
事業名 ホップ・ステップ・Camp 事業施設 国立能登青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月13日(土)〜10月14日(日)
平成30年10月27日(土)〜10月28日(日)
事業概要  森を舞台にした自然体験活動をとおして仲間や自然とかかわり、グループの連帯感を高めるとともに、自然の良さを知る機会とする。
 初めて自然体験をする子どもに良質な活動を提供し、今後積極的に自然体験に取り組もうとする意識を育てる。
参考資料 報告書1
事業名 美ら島サンゴ大作戦
〜みつけよう サンゴと人の過去・現在・未来〜
事業施設 国立沖縄青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 自然体験 ( 海での活動 ) 期 間 平成30年10月13日(土)〜10月14日(日)
事業概要  サンゴという題材をとおして多様な生物のつながりや地球規模の 環境課題について知識を深めることにより、身近な環境問題につ いて関心を高め地域の一員として積極的に環境保全活動に取り組 もうとする意欲を高める。
参考資料 報告書1
事業名 子ども環境探検隊 事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月6日(土)〜10月8日(月)
事業概要  花山青少年自然の家の周辺フィールドにある豊かな自然のもと、自然体験活動を通じて、自然の仕組みについて理解を深めるとともに、その保護や活用について考え、地域に根ざした環境教育の推進を図る。
参考資料 報告書1
事業名 こごう!学ぼう!三方五湖サイクリング 事業施設 国立若狭湾青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 河川・湖 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年9月22日(土)〜9月24日(月)
事業概要  自然環境や歴史の点からも三方五湖について学べることは大変多く、ただ単に自転車をこいで三方五湖を1周して自然を満喫するだけでは勿体ないと考え、この企画では三方五湖について知識を深める学習をした。
 学習の要素として、福井県里山里湖海研究所職員、福井県年縞博物館学芸員の方にお世話になり水月湖の年縞について、地元、若狭町の語りべの方にお世話になり、浦見運河と行方久兵衛について学んだ。
参考資料 報告書1
事業名 「いくぞ!いきもの調査隊!」 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 河川・湖 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年9月1日(土)〜9月2日(日)
事業概要  キャンプをしながら仲間や多くの地元の方々とともに自然観察や炊事などの体験活動をすることをとおして、子どもたちが地域の自然についての理解を深め、地域を愛する気持ちを高めた。
 事業運営にあたっては、主催者である町と、国立・道立の職員が協働で行い、地元の自然ガイドや学芸員などとも連携をして、子どもたちの体験活動を支援した。
参考資料 報告書1
事業名 「おくしり自然塾〜キャンプ編〜」 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年8月4日(土)〜8月5日(日)
事業概要  キャンプをしながら仲間や多くの地元の方々とともに自然観察や炊事などの体験活動をすることをとおして、子どもたちが奥尻の自然についての理解を深め、地域を愛する気持ちを高めた。また、地元企業によるキャンプ地の提供、地元高校生のボランティアなの参加など、子どもたちの体験活動を支える地域の教育力を生かして事業を行った。
参考資料 報告書1
事業名 ジュニアジオガイド講座 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 科学体験 ( 自然探究 ) 期 間 平成30年7月14日(土)〜7月16日(月)
平成30年9月22日(土)〜9月24日(月)
平成30年11月3日(土)〜11月4日(日)
事業概要  阿蘇ジオパークを地域教材として活用することで、郷土と自然を愛する態度の育成を図るとともに、問題解決学習を通して科学的思考力と課題解決能力、自ら学ぶ意欲を育成する。さらに、阿蘇ジオパークの情報を発信することで幅広い知識と表現力を育成する。また、ジオパークに関する仕事をしている人々の思いや願いを聞く場を設定することで、自らの将来について考える機会を作る。
参考資料 報告書1  報告書2  報告書3
事業名 子ども環境探検隊「三陸ジオパーク編」 事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 環境保全・環境教育 ( 海洋 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年7月14日(土)〜7月16日(月)
事業概要  三陸ジオパークとその周辺の豊かな自然のもと、自然体験活動を通じて、自然の雄大さを感じとり、自然の仕組みについて理解を深めるとともに、その保護や活用について考え、地域に根ざした環境教育の推進を図る。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→