トップページ >  事業目的:子どもの生活習慣の改善
【さらに絞り込む場合はこちら】 基本的生活習慣 食育 体力向上 自立支援
事業名 アドベンチャーキャンプ in GIFU
〜飛騨の山、美濃の水「飛山濃水」2017〜
事業施設 国立乗鞍青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成29年7月30日(日)〜8月8日(火)
事業概要  飛騨・美濃の岐阜の大自然を体感する長期キャンプである。飛騨の山・乗鞍岳登山では、標高差1396m、徒歩距離16.1kmの行程(一泊二日)を全員で力を合わせ登頂する。美濃の水・長良川を辿る行程では、徒歩・ゴムボート・自転車・鉄道も使い、源流近くから長良川河口堰までを目指す。目標に向かって、粘り強くやり抜く力の育成を目的とした9泊10日の長期キャンプである。(自転車行程は台風のため途中で打ち切った。)
参考資料 報告書1
事業名 タラッキーキャンプ 春!
〜はじめてのアウトドアキャンプ〜 第2弾
事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年6月10日(土)〜6月11日(日)
事業概要  5月に行った「タラッキーキャンプ 春!〜はじめてのアウトドアキャンプ〜」の第2弾キャンプ。小学校3年生から4年生までの子供たちが初めて経験する,野外炊事やピクニック,テント泊などの自然体験活動を行った。これらを通して,自然に親しむ心や友達を大切に思う心をはぐくみ,自己の体力向上を図ることを目的とした。このキャンプではキャンプ村に宿泊。学生ボランティアがゲームを行うなど,第1弾とはまた違った楽しいキャンプとなった。
参考資料 報告書1
事業名 タラッキーキャンプ 春!
〜はじめてのアウトドアキャンプ〜
事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年5月20日(土)〜5月21日(日)
事業概要  「はじめてのアウトドアキャンプ」をテーマに,小学校3年生から4年生までの子供たちが初めて経験する,野外炊事やピクニック,テント泊などの自然体験活動を行った。これらを通して,自然に親しむ心や友達を大切に思う心をはぐくみ,自己の体力向上を図ることを目的とした。野外炊事のシチュー作りでは,班毎にウインナーをパンに挟むか,シチューに入れるかを考え,工夫して調理した。ピクニックでは,長田川まで行って,川遊びも行った。
参考資料 報告書1
事業名 元気いっぱい!ちびっこキャンプ 事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成29年3月18日(土)〜3月19日(日)
事業概要  未就学児(年中,年長)に多様な動きを獲得させ,体力・運動能力の基礎を培うことを目的としたキャンプ。施設内の一角に様々な遊び場を設置し,そこで自由に遊ばせながらバランスをとったり物を操作したりして多様な動きを引き出す。参加者の関わりやすい雰囲気づくりとして合間におやつを作り一緒に食べる時間も設定した。
参考資料 報告書1
事業名 冬のパワーアップ大作戦! 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年3月4日(土)〜3月5日(日)
事業概要  屋外では、豊富な雪を使った遊びの機会を提供し、屋内では、各種のボールを使った運動会を実施して、体力・運動能力の向上を図った。また、スポーツテストを実施し、個人の運動能力を知らせ、運動への意欲・意識の向上も図った。
参考資料 報告書1
事業名 大雪冬のレクスポーツ祭典 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生  大学生  親子  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成29年2月25日(土)〜2月26日(日)
事業概要  北海道の生活に身近な「雪」を楽しんだり、工夫したりするプログラムを子供たちに提供し、明るく、仲良く、元気よく活動することで、冬をたくましく生きる素地を身につける機会を得るものとする。
参考資料 報告書1
事業名 児童養護施設との連携事業
〜子ども生き生き体験学習ぁ
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成29年2月25日(土)〜2月26日(日)
事業概要  児童養護施設と連携を深め,施設で暮らしている子どもたちがさまざまな体験活動を通して,豊かな情操を養い,自立できるように支援した。
 スケート体験を通して冬の遊びの楽しさを知ることができた。また,草木染めの体験を通して,地元の伝統文化に触れることができた。
参考資料 報告書1
事業名 子どもゆめ基金体験の風リレーションシップ事業
おおすみスポーツキャンプ
〜バスケットボール編〜
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成29年2月18日(土)〜2月19日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により、コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 今回は,体力測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,中学生も満足していた。
参考資料 報告書1
事業名 泊まって 遊んで 親子でポン 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( その他のスポーツ・レクリエーション ) 期 間 平成29年2月4日(土)〜2月5日(日)
事業概要  国立青少年教育振興機構において開発した、幼児期の運動プログラム「36の基本的な動き」を取入れた活動を幼稚園・保育園、家庭等において広く普及し、その成果を広く周知することおを通して、幼児期における体験活動の重要性の取組みを促進する。
参考資料 報告書1
事業名 2月の土曜は親子デー 思いっきり雪遊び!! 事業施設 国立立山青少年自然の家
対 象 小学生  中学生  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成29年2月4日(土)
平成29年2月25日(土)
事業概要  親子でチューブそりやかまくら、雪像づくりをして、雪の中での活動を楽しむ。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→