トップページ >  事業目的:子どもの生活習慣の改善
【さらに絞り込む場合はこちら】 基本的生活習慣 食育 体力向上 自立支援
事業名 リメンバー桃チャレ 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 小学生  ボランティア   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年1月12日(土)〜1月14日(月)
事業概要  8月に行われた「桃太郎チャレンジキャンプ」から約半年が過ぎ、寝食を共にした仲間たちと再会し、現在の様子について伝えあう。また、4月から次の学年へ上がることを考え、さらなるチャレンジに取組み、自信をつけ、自己肯定感を上げることを目的とする。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度「通学キャンプ・ウィズスクール」 事業施設 国立磐梯青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成30年11月11日(日)〜11月17日(土)
事業概要  猪苗代町と磐梯町の全8小学校に在籍する4年生から6年生の希望者57名が参加した。交流の家に宿泊しながら各小学校に登校し、下校後は宿題・家庭学習、特設授業の受講などを行った。特設授業では、地元の方々を講師として招き、作文教室や郷土の文化、歴史、自然について学習し、郷土への関心を高めるとともに、主体的に関わろうとする意識を高めた。また、ポートフォリオ形式のまとめを行い、振り返りとともに、事業後の日常生活につなげられるようにした。
 共同生活を行うことで、基本的な生活習慣を身に付けるとともに、仲間との関わり方、協働について新たに考えることができた。
参考資料 報告書1
事業名 「親子で親しむ 忍たま修行体験!」  事業施設 国立江田島青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( その他のスポーツ・レクリエーション ) 期 間 平成30年11月11日(日)
事業概要  広島県の園児の体力傾向を考慮に入れつつ,「36の基本的な動き」を取り入れた幼児期の運動プログラムを考案した。それらに親子で参加することによって交流を深め,運動やスポーツへの興味・関心を高めるとともに,体力の向上や運動習慣の定着を目ざした。また,「なりきり感」を重視し,忍者修行をモチーフとした活動を展開した。
参考資料 報告書1
事業名 「自然を活用した幼児の運動プログラム」宿泊事業
「親子で 花山に レッツ ゴー!!」
事業施設 国立花山青少年自然の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年11月10日(土)〜11月11日(日)
事業概要  幼児が、本施設の豊かな自然の中で遊ぶことにより、幼児期に必要とされる多様な動きの獲得、体力・運動能力の基礎を培う機会を提供する。また、保護者に対して幼児期の運動の重要性について認識する機会を提供する。
参考資料 報告書1
事業名 食育体験シリーズ〜地域文化の伝承〜
第2回なれずし作り
事業施設 国立若狭湾青少年自然の家
対 象 親子  その他 事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 食育 )
活動内容 文化芸術体験 ( 地域学習 ) 期 間 平成30年11月3日(土)〜11月4日(日)
事業概要  春に開催した若狭地方の伝統的スローフーズである「へしこ作り」に続く事業である。前回同様、食文化についての理解を深めるとともに、地元ならではの食文化の大切さについての理解を深める。漁家との交流を図るために漁家に泊まったり、へしこ料理教室を開催したりして、多様な形で地元文化の雰囲気を味わってもらう。
参考資料 報告書1
事業名 ひとり親家庭の親子のための生活・自立支援キャンプ(学習支援)
オータムラーニングキャンプin夜須高原
事業施設 国立夜須高原青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成30年11月3日(土)〜11月4日(日)
事業概要  福岡県母子寡婦福祉連合会が行っている「ひとり親家庭のための学習支援ボランティア事業」と連携して、母子会会員の中学生とその親を対象とした勉強合宿を実施した。学力の向上を図るとともに自然体験活動・生活体験活動を通して、豊かな心の育成及び生活習慣の向上を図る機会となった。また、保護者同士の交流を通して、子育てや進路等の情報を共有し合い、互いに学びを深めることもできた。
参考資料 報告書1
事業名 自然を活用した幼児期の運動プログラム 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( その他のスポーツ・レクリエーション ) 期 間 平成30年10月20日(土)〜10月21日(日)
事業概要  幼児期の運動プログラム「36の基本的な動き」を取り入れた活動を実践することで、幼稚園、保育園、家庭等においてその活動が日常に取り入れられるようにするとともに、幼児期における体験活動の重要性を広く周知する。
参考資料 報告書1
事業名 タラッキーキャンプ・秋〜自然の家を楽しもう〜 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年10月20日(土)〜10月21日(日)
事業概要  豊かな自然に恵まれた自然の家の周辺散策を通して,主体的に自然を楽しむ態度を育てる。また,小学校1・2年生の子どもたちが,集団宿泊を通して,公共施設でのルールやマナーを守ること,規則正しい生活をすることの大切さを知る機会とする。 また、初めての宿泊経験を通して、今後も青少年教育施設等への事業に積極的に参加できる機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 おおすみくん家 キッズたんけんたい Ν◆Ν 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年10月20日(土)〜10月21日(日)
平成30年10月27日(土)〜10月28日(日)
平成30年11月3日(土)〜11月4日(日)
事業概要  小学生下学年の子供たちが,親元を離れて共同生活や自然体感活動を行い,仲間と関わったり,遊んだり,協力したりすることで,自立心や自尊感情を育てることを目的に実施した。
 1日目はどんぐりや木の実を拾う秋探しを行い,その材料でクラフトを行った。また,割りばしダーツなどの遊びリンピックも実施した。
 2日目の万滝ハイキングでは,子供たちが自然の素晴らしさや長距離を自力で歩く達成感を味わうことができた。
参考資料 報告書1
事業名 夜須高原スマイルライフキャンプ 事業施設 国立夜須高原青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 家族間交流 ) 期 間 平成30年10月13日(土)〜10月14日(日)
事業概要  ひとり親家庭の生活の向上や安心に寄与するため、保護者同士で子育てに関する不安や悩みを共有し、互いに学び合い、ネットワークづくりを行う。また、様々な自然体験活動・生活体験活動を通して、親子間や子ども同士のコミュニケーションを深め、子どもの自立心や協調性、自己肯定感、チャレンジ精神等の向上を図る。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→