事業名 タラッキーキャンプ(防災編)
〜がまだすドームで災害や防災について学び,諫早自然の家で防災学習を実践しよう!〜
事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 その他
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成30年9月8日(土)〜9月9日(日)
事業概要  雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)との共催事業で行ったキャンプで,がまだすドームに出向いて災害や防災について学び,諫早自然の家で防災学習を実践しました。
 本事業は,もしもの時の疑似体験活動を通して,災害時に役立つ知識や技能を身につけることを目的としたキャンプです。
 また,避難所生活体験,非常時の野外炊事などの活動を通して,友達との共同生活の中で,互いに助け合う心情を育むことも,目的の一つです。
参考資料 報告書1
事業名 親子で仲良く!アドベンチャーキッズ 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( レクリエーション ) 期 間 平成30年9月1日(土)〜9月2日(日)
事業概要  沢登り体験(荒天時:ボルダリング)や運動プログラム等を通して、幼児の体力の向上を図り、豊かな感性を育てる。また、親子での活動とすることで、体験を通して、保護者に体験活動の大切さを知らせるとともに、親子及び保護者間のコミュニケーションを深める機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 生活・自立支援キャンプ事業
〜子ども生き生き体験学習〜
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年8月26日(日)〜8月27日(月)
事業概要  児童養護施設と連携を深め,施設で暮らしている子どもたちがさまざまな体験活動を通して,豊かな情操を養い,自立できるように支援した。
 1日目は,ペタンクやサンドアート,夕食作りを行った。
 2日目は,垂水市漁業協同組合に行き,冷凍庫などの施設見学や養殖カンパチへの餌やり体験を行った。
参考資料 報告書1
事業名 教員免許状更新講習 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年8月22日(水)〜8月24日(金)
事業概要  教員免許状更新講習の選択領域18時間分を実施した。
 教員が体験活動の意義について理解するとともに,集団宿泊学習等を効果的に実施するための基本的な体験活動の指導技術を身に付けられるような内容にした。
 専門的な知識・技能を有する講師の方々の講義・演習等を通して,体験活動の意義や安全管理に関する内容や,自然体験学習の実際についての実技を学んだ。
参考資料 報告書1
事業名 ながさき多良山系アドベンチャーキャンプ2018 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年8月19日(日)〜8月25日(土)
事業概要  小学校3年生から中学校2年生までの子供たちの長期キャンプ。民間の自然学校「とりかぶと自然学校」と共催で開催。様々な自然体験活動を通して,友達と協力することの大切さに気付くとともに,自然に親しむ心や感謝の心を育んだり,自己の体力向上を図ったりすることを目的とした。玉ねぎでTシャツの染色,登山や川遊び,キャンプファイヤー,野外炊事などの活動を行った。
参考資料 報告書1
事業名 チャレンジサマーキャンプ in ASO
(生活・自立支援キャンプ)
事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年8月13日(月)〜8月15日(水)
事業概要  子供たちがたくましく生きる力をはぐくむために、キャンプや沢登りなどの自然体験や調理体験などの多様な体験をさせるとともに、集団宿泊体験を通して、規則正しい生活習慣や自立する力、困難を克服する力を身に付けさせる。
参考資料 報告書1
事業名 夜須高原長期チャレンジキャンプ
〜海・川・山の自然を体感!自分にチャレンジ!〜
事業施設 国立夜須高原青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成30年8月12日(日)〜8月19日(日)
事業概要  子どもたちを、SNSやゲーム、テレビ等のメディアに依存した生活から離し、カヌー、ヨット体験、登山、野外炊飯、テント泊など様々な自然体験活動を通して、人間関係能力や自己肯定感を高めていくことをねらいとする。
参考資料 報告書1
事業名 大草原からの贈り物
〜阿蘇山一周チャレンジキャンプ〜
事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年8月8日(水)〜8月12日(日)
事業概要  自然環境に恵まれた「阿蘇」の大地をフィールドとした長距離ハイキング等を通して、同じ目的をもった仲間とともに困難に挑戦し、最後までやり遂げる力を育むとともに他者への思いやりや積極性などの自立的行動習慣を身につける。
参考資料 報告書1
事業名 体験の風をおこそう ファミリーキャンプ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年8月4日(土)〜8月5日(日)
事業概要  自然体験を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目は,海浜施設「新城海の家」で,テント泊やバーベキューを行い,家族同士や家族間の交流を深めた。
 2日目はカヌー体験やサンドクラフト行った。キャンプをはじめて経験する家族が多く,満足度は高かった。
参考資料 報告書1
事業名 生活・自立支援キャンプ事業
〜子ども生き生き体験学習◆
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年8月2日(木)〜8月4日(土)
事業概要  児童養護施設と連携を深め,施設で暮らしている子どもたちがさまざまな体験活動を通して,豊かな情操を養い,自立できるように支援した。
 1日目は,スポーツクライミングやマウンテンバイク,夕食作りを行った。
 2日目は,垂水市漁業協同組合に行き,冷凍庫などの施設見学や養殖カンパチへの餌やり体験を行った。午後はカヌー体験や海辺遊びを行った。
 3日目は,七宝焼き体験を行った。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→