事業名 ながさき多良山系アドベンチャーキャンプ2018 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年8月19日(日)〜8月25日(土)
事業概要  小学校3年生から中学校2年生までの子供たちの長期キャンプ。民間の自然学校「とりかぶと自然学校」と共催で開催。様々な自然体験活動を通して,友達と協力することの大切さに気付くとともに,自然に親しむ心や感謝の心を育んだり,自己の体力向上を図ったりすることを目的とした。玉ねぎでTシャツの染色,登山や川遊び,キャンプファイヤー,野外炊事などの活動を行った。
参考資料 報告書1
事業名 チャレンジサマーキャンプ in ASO
(生活・自立支援キャンプ)
事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 小学生  中学生  高校生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年8月13日(月)〜8月15日(水)
事業概要  子供たちがたくましく生きる力をはぐくむために、キャンプや沢登りなどの自然体験や調理体験などの多様な体験をさせるとともに、集団宿泊体験を通して、規則正しい生活習慣や自立する力、困難を克服する力を身に付けさせる。
参考資料 報告書1
事業名 夜須高原長期チャレンジキャンプ
〜海・川・山の自然を体感!自分にチャレンジ!〜
事業施設 国立夜須高原青少年自然の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成30年8月12日(日)〜8月19日(日)
事業概要  子どもたちを、SNSやゲーム、テレビ等のメディアに依存した生活から離し、カヌー、ヨット体験、登山、野外炊飯、テント泊など様々な自然体験活動を通して、人間関係能力や自己肯定感を高めていくことをねらいとする。
参考資料 報告書1
事業名 大草原からの贈り物
〜阿蘇山一周チャレンジキャンプ〜
事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成30年8月8日(水)〜8月12日(日)
事業概要  自然環境に恵まれた「阿蘇」の大地をフィールドとした長距離ハイキング等を通して、同じ目的をもった仲間とともに困難に挑戦し、最後までやり遂げる力を育むとともに他者への思いやりや積極性などの自立的行動習慣を身につける。
参考資料 報告書1
事業名 明治維新150周年関連事業
歴史をたどる大隅路 〜大隅と西郷どん・西南戦争〜
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 その他
活動内容 その他 期 間 平成30年7月7日(土)〜7月8日(日)
事業概要  明治維新150周年にあたる今年,大隅半島に残されている西郷隆盛ゆかりの地や逸話,西南戦争に関係する史跡について学んだ。
 1日目は,南大隅町,鹿屋市及び曽於市の史跡を見学し,夜の講話では大隅半島と西郷との関わり,西南戦争について学んだ。
 2日目は,西郷ゆかりの町である「高須地区」を訪れ,ガイドの方々による説明を受けた。
参考資料 報告書1
事業名 親子でピザ作り体験教室〜手作り段ボールオーブンでピザを焼こう!〜(ボランティア自主企画事業) 事業施設 国立阿蘇青少年交流の家
対 象 親子  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月23日(土)〜6月24日(日)
事業概要  親子で段ボールオーブンを作る段階からピザ作りをすることで、身近にある材料や食材でおいしいピザができることに気付くとともに、食事をつくる大変さを体験し、家族への感謝の心や自ら実践する心を育て、家族間の交流を深める。
 また、ボランティアが中心となって事業を企画・実施することで、ボランティアとしての資質の向上を図る。
参考資料 報告書1
事業名 体験の風をおこそう ファミリーキャンプ 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成30年6月23日(土)〜6月24日(日)
事業概要  自然体験を通して家族の絆を深め,家族相互の交流を図ることを目的に実施した。
 1日目は,雨天のためプレイホールにテントを設営して宿泊した。また,バーベキューや古代の道具を使った火おこし体験を行った。
 2日目は,天候が回復したため予定通りカヌー体験を行った。 親子で協力してカヌーを漕ぐなどして,活動を通して家族の触れあいを深めた。
参考資料 報告書1
事業名 親子でパティシエキャンプ 事業施設 国立諫早青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子育て
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年6月9日(土)〜6月10日(日)
事業概要  未就学児〜小学生がいる家族を対象とした事業である。
 1日目は,普段会うことのない家族が集まるキャンプなので,家族間交流が生まれるよう,レクリエーションを行った。夜には,開催時季ならではの,ほたる散策に出かけた。
 2日目は,ケーキ作りが楽しみになるようなレクリエーションを行った後,ケーキ作りを行った。これらを通して,親子で活動することの楽しさを味わせるとともに,親子のコミュニケーションを活性化させ,親子の絆を深める一助とする。
参考資料 報告書1
事業名 ボランティア養成研修 事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 高校生  大学生  学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( ボランティア )
活動内容 奉仕体験・ボランティア活動 ( 子どもの活動支援 ) 期 間 平成30年6月9日(土)〜6月10日(日)
事業概要  青少年教育施設の役割を理解するとともに,野外活動等の指導・ 支援ができるボランティア及び指導者の養成・確保を図った。
 1日目は,講義「青少年における体験活動」,実習「自然体験活 動の技術」(野外炊飯)などを行った。
 2日目は,講義「青少年施設におけるボランティア活動」,実習「自然体験活動の安全管理」などを行った。
参考資料 報告書1
事業名 鹿屋体育大学との連携による
おおすみくん家スポーツキャンプ バレーボール
事業施設 国立大隅青少年自然の家
対 象 中学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( スポーツ ) 期 間 平成30年6月2日(土)〜6月3日(日)
事業概要  鹿屋体育大学との連携により,コミュニケーション能力の向上によるチームづくりや,青少年の体力・運動能力を踏まえたトレーニング法によるスポーツ技術の向上を図ることにより,青少年の自立を支援することを目的に実施した。
 中学生及び学校担当者(監督やコーチ),保護者等が参加し,体力 測定や個別の練習プログラムを体験することができた。現役選手(大学生)が直接指導をするので,的確で質の高いトレーニングを受けることができ,参加者も満足していた。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→