事業名 リメンバー桃チャレ 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 小学生  ボランティア   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成31年1月12日(土)〜1月14日(月)
事業概要  8月に行われた「桃太郎チャレンジキャンプ」から約半年が過ぎ、寝食を共にした仲間たちと再会し、現在の様子について伝えあう。また、4月から次の学年へ上がることを考え、さらなるチャレンジに取組み、自信をつけ、自己肯定感を上げることを目的とする。
参考資料 報告書1
事業名 吉備の森でABC! 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成30年12月8日(土)〜12月9日(日)
事業概要  外国人との交流を通して外国文化に親しみを持つとともに、国際交流を楽しみながら外国人とのコミュニケーションを図る。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講座 事業施設 国立大洲青少年交流の家
対 象 青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 自然観察 ) 期 間 平成30年11月30日(金)〜12月2日(日)
事業概要  受講者は3日間、国立大洲青少年交流の家や大洲市を流れる 肱川を活動の中心として、安全管理や実際の現場での指導者と しての指導法・技術の習得などを学んだ。講義では、受講者自 らが考え、発言する主体的な活動も盛り込んだ内容を取り入れ た。最終日には、カヌーに乗って川下りを行い、河原の地形を 見たり、アユを捕る「瀬張り」などを通過したり、自然体験活 動を行うにあたって安全面において、配慮をする部分などを学 んだ。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度 幼児期からの運動・体力向上指導者研修 兼国立三瓶青少年交流の家地域向上事業
「子どもは遊びで育つ!〜地域で取り組む子どもの遊び〜」
事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年11月23日(金)
事業概要  主に未就学児、小学校低学年児童に関わる指導者を対象に、発達段階に応じた運動遊びを中心としたプログラムの視察、研修を行う。視察と共に講義・演習を行い、幼児の運動遊びの重要性や関わり方について考える。
参考資料 報告書1
事業名 親子でたのしむ!唄と絵本のせかいinさんべ 事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  親子  青少年教育指導者  その他 事業目的 子育て
活動内容 文化芸術体験 ( その他の文化芸術体験 ) 期 間 平成30年11月17日(土)〜11月18日(日)
事業概要  本事業は、子守唄や絵本に興味のある方に対し、子守唄や童謡、絵本のすばらしさを「体験」を通して、感じることができる場の提供を行う。
 親子活動の促進を通して、家族の中でコミュニケーションをとるきっかけとし、家族の絆を深めることを目的としている。
参考資料 報告書1
事業名 「親子で親しむ 忍たま修行体験!」  事業施設 国立江田島青少年交流の家
対 象 幼児  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( その他のスポーツ・レクリエーション ) 期 間 平成30年11月11日(日)
事業概要  広島県の園児の体力傾向を考慮に入れつつ,「36の基本的な動き」を取り入れた幼児期の運動プログラムを考案した。それらに親子で参加することによって交流を深め,運動やスポーツへの興味・関心を高めるとともに,体力の向上や運動習慣の定着を目ざした。また,「なりきり感」を重視し,忍者修行をモチーフとした活動を展開した。
参考資料 報告書1
事業名 森を守ろう!〜吉備の森レンジャー〜 事業施設 国立吉備青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 環境保全・環境教育 ( 森林・草原 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年11月4日(日)
事業概要  吉備高原の魅力や自然の中で行う活動の素晴らしさを家族で体験する機会とし、自然を大切にする気持ちを育てる。
参考資料 報告書1
事業名 平成30年度「幼児の体験活動指導者研修会」
〜幼児教育・保育における体験活動の仕組み方を考える〜
事業施設 国立山口徳地青少年自然の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年10月27日(土)
事業概要  幼児期における体験活動の重要性について実践事例紹介をもとに理解を深め,実習を通して各園で活用できる自然体験活動の内容や指導方法を学ぶ。
参考資料 報告書1
事業名 第40回 さんべ祭 事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  中学生  高校生  大学生  親子  ボランティア  その他 事業目的 その他
活動内容 その他 期 間 平成30年10月13日(土)〜10月14日(日)
事業概要  三瓶山周辺地域の5施設と3団体が軸となり,地域の人々と密接な連携のもとに事業を展開し,地域の活性化を図る。また,「三瓶の魅力四重奏」のテーマのもと,参加施設の強みである「体験」「文化(食)」「交流」「健康」を活かした企画を展開し,参加者に三瓶地域の魅力を知ってもらい,三瓶を好きになってもらう。
参考資料 報告書1
事業名 さんべ夢ステージ
ヾ覯菠圻∨榿嵎
事業施設 国立三瓶青少年交流の家
対 象 高校生  大学生  ボランティア   事業目的 リーダー養成
活動内容 その他 期 間 平成30年9月28日(金)〜9月30日(日)
平成30年10月12日(金)〜10月14日(日)
事業概要  本事業は、主体的に社会参画を目指す青年に対し、将来のリーダーとして不可欠な、リーダーシップを身につけるための場として、体験を通した学びを提供する。
 リーダーシップをキーワードに、企画・運営の様々な場面で合意形成・問題解決を繰り返し、対人関係力等のリーダーとして必要な資質の向上を図る。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→