事業名 妙高アドベンチャープログラムスキルアップ研修 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生  学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成30年5月26日(土)〜5月27日(日)
事業概要  教職員、社会教育関係者、一般の方、学生等、妙高アドベンチャープログラム指導者養成研修を受講した人を対象に、児童・生徒のコミュニケーション能力の向上に資する指導法について研修し、実際の教育現場で集団内の一人一人の信頼と安心を構築することのできる妙高アドベンチャープログラムの指導者のスキルアップを目指す。
参考資料 報告書1
事業名 MYOKOボランティアキャンプ 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 高校生  大学生  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年5月19日(土)〜5月20日(日)
事業概要  MYOKOボランティアモデルをもとに、ボランティア養成事業として実施した。上越教育大学、新潟青陵大学、清泉女学院短期大学、信州大学等の6つの大学・高等学校から、43名が参加した。
 ボランティア活動の技術では、課題解決型野外炊事(びっくりディナー)を実施し、単純な野外炊事では学ぶことのできない視点を学ぶことができた。また、9名の先輩ボランティアが参画し触れ合うことで、参加者にボランティアの魅力を十分伝えることができた。
参考資料 報告書1
事業名 学社共同参画セミナー 事業施設 国立妙高青少年自然の家
対 象 大学生   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年2月16日(金)〜2月18日(日)
事業概要  教員等を目指す学生に対し、社会教育に関する演習を実施し、事業の企画・運営・評価を実践的に学ぶ機会を提供する。
 社会教育に関する演習では、スノーシューハイク、雪中泊を実施した。
 また、演習での体験をもとに、各グループで事業をマネージメントし、それぞれに対して意見交流を行った。
参考資料 報告書1
事業名 通学合宿 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 基本的生活習慣 )
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成30年2月13日(火)〜2月16日(金)
事業概要  家庭を離れ,自然の家に宿泊しながら学校に通う活動を通して,基本的生活習慣の見直しや社会性の伸長およびコミュニケーション能力の向上を図るとともに,中一ギャップ対策として,同じ中学校に進学する二校の児童同士の人間関係づくりを目指す活動を行った。
 レクリエーションや自炊料理など他校の児童同士が積極的に関わる機会をつくるとともに,洗濯や食事,学習活動等は基本的に班単位での活動として社会性や協調性を養った。
参考資料 報告書1
事業名 冬の高遠フェスティバル 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 スポーツ・レクリエーション ( 雪中での活動 ) 期 間 平成30年2月3日(土)〜2月4日(日)
事業概要  信州高遠青少年自然の家を家族やグループ等に広く開放し、冬の様々な体験活動や交流を通して、自然体験活動への興味関心を育てるとともに、当自然の家を仲間との交流の場として周知することを図る。
参考資料 報告書1
事業名 イングリッシュキャンプ 事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 高校生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成30年1月13日(土)〜1月14日(日)
事業概要  新学習指導要領の本格実施に向け、国立の教育機関として、教育内容の改善と充実を目指し、イングリッシュキャンプを来年度より実施する。本格実施にあたってのモデルキャンプを行い、今後のプログラム改善等に活かす。プログラムの目的は、2日間で人間関係づくりのスキルの向上や積極的に仲間とコミュニケーションを図り、課題を解決する力を養うことである。特色としては、赤城アドベンチャープログラムを英語で行うことにより、仲間作りを大切にしながらも、英語も学べるようにした。
参考資料 報告書1
事業名 平成29年度
自然体験活動上級指導者(NEALインストラクター)養成事業
事業施設 国立赤城青少年交流の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者  ボランティア   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成30年1月9日(火)〜1月12日(金)
事業概要  小学校新学習指導要領に、自然体験活動を中心とする長期集団宿泊活動が推奨されたことを受け、自然体験活動上級指導者養成事業を実施し、自然体験活動プログラムの企画、実施者を養成するとともに、自然体験活動指導者(NEALリーダー)を指導できるインストラクターを養成する。
参考資料 報告書1
事業名 クリスマスセミナー ビギナー編 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 その他
活動内容 共同生活体験 ( その他の共同生活体験 ) 期 間 平成29年12月16日(土)〜12月17日(日)
事業概要  各家庭で行うクリスマス行事がより楽しく充実したものになるよう,家族間の交流を図りながら,必要な知識・技術を身につけることを目的に,クリスマスクラフト作り・高遠チャレンジ&星空観察会・クリスマスケーキ作りを1泊2日の日程で実施した。
参考資料 報告書1
事業名 信州高遠アセアン加盟国中学生招聘交流事業 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 中学生   事業目的 リーダー養成
活動内容 交流体験・コミュニケーション ( 国際交流・異文化理解 ) 期 間 平成29年11月20日(月)〜11月28日(火)
事業概要  アセアン諸国の中学生を招聘し,地域の特性を生かした自然体験・文化体験・日本人の青少年との交流体験を通して,日本に対する理解の増進を行う。また,日本の青少年に対して国際的視野の醸成・次世代リーダーの養成を図る。
参考資料 報告書1
事業名 クリスマスマイスター 事業施設 国立信州高遠青少年自然の家
対 象 親子   事業目的 その他
活動内容 文化芸術体験 ( 創作活動 ) 期 間 平成29年11月18日(土)〜11月19日(日)
事業概要  各家庭で行うクリスマス行事がより楽しく充実したものになるよう、家族間の交流を図りながら、リース作り・キャンドル作り・ケーキ作りをとおして、必要な知識・技術を身につけるきっかけとする事業。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→