トップページ >  地域:北海道
【さらに絞り込む場合はこちら】 国立大雪青少年交流の家  国立日高青少年自然の家 
事業名 リスクマネジメントセミナー 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年10月21日(土)〜10月22日(日)
事業概要  自然体験活動推進協議会(CONE)と共催し、体験活動の現場におけるリスク(危険)を予測し、事故発生への対応や事故防止策を学ぶとともに、安全の推進及び提案を行う管理者(リスクマネジメントディレクター)を養成する目的として事業を行った。講師4人における講義のクオリティが高く、参加者から高い評価を得ることができた。また、周辺地域のアウトドア事業者、学校関係者などの参加もあり、今後の各団体との連携に期待が持てる。
参考資料 報告書1
事業名 自然体験活動上級指導者養成講習会 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者  ボランティア  その他 事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( その他の自然体験 ) 期 間 平成29年10月3日(火)〜10月5日(木)
事業概要  自然体験活動の指導者を養成し、青少年をはじめとする多くの人々の自然体験活動を推進するために上級指導者の養成を実施した。4名の外部講師を招聘し、演習等をとおして参加者自身が思い描く指導者像について具体的にイメージできた。
参考資料 報告書1
事業名 海の子 山を知る 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生   事業目的 青少年の社会性育成
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年9月23日(土)〜9月24日(日)
事業概要  日頃から海辺における体験活動を行うことが多い子どもたちが、北海道の内陸に位置する大雪青少年交流の家周辺のフィールドを活用した体験活動をとおして、地域の特色や差異を肌で感じる場とするとともに、自分の住む地域の良さを再確認する機会とする。
参考資料 報告書1
事業名 ひだかちゃん家に泊まらナイト2017 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 自立支援 )
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成29年9月3日(日)〜9月9日(土)
事業概要  施設近隣の3町村、3小学校の異なる学校・年齢の児童が、施設を拠点に長期宿泊や自然体験活動などをとおして、コミュニケーション能力、自立心、自己肯定感を高めることを目的とした。寝具の整頓や身支度などの生活体験をはじめ、野外炊事など野外活動なども体験した。自主学習では学生ボランティアの学習支援を受け、前向きに取り組むことができた。施設周辺のフィールドを活かし、外部団体によるラフティングも実施した。最終日には保護者対象に「子供の体験活動の有用性について」をテーマとした学習会を実施した。
参考資料 報告書1
事業名 ダンボールでつくっちゃおう! 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 幼児  小学生  親子   事業目的 子どもの生活習慣の改善 ( 体力向上 )
活動内容 文化芸術体験 ( 創作活動 ) 期 間 平成29年9月2日(土)〜9月3日(日)
事業概要  子どもたちが、遊びをとおして楽しく体を動すことで、運動に親しむ機会を提供するとともに、遊具の創作をとおして想像力や表現力、対人関係能力などを養うことを目的とする。
参考資料 報告書1
事業名 ワイルドライフキャンプ2017 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 小学生  中学生   事業目的 その他
活動内容 共同生活体験 ( 長期宿泊体験 ) 期 間 平成29年8月6日(日)〜8月13日(日)
事業概要  7泊8日のキャンプ期間中、子供たちは異年齢で構成するグループ単位での活動を基本に、炊事、農業や林業の体験、登山などにチャレンジ。炊事では、道具の扱い方を段階的に学ばせたり、メニューの相談や買い物なども行わせることで、子供たちが主体的に活動ができるようになっていった。また、地元の農協や林業組合などの協力を得ることにより、子供たちの体験活動をいっそう豊かで充実したものにすることができた。
参考資料 報告書1
事業名 平成29年度教員免許状更新講習 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 その他 期 間 平成29年7月31日(月)〜8月2日(水)
事業概要  新学習指導要領における体験活動の位置付け理解するとともに、教員自らが体験活動を行うことで、安全に配慮した指導法と技術を身につける。また、小学校の事例を多く扱うため、対象は小学校教諭としているが、中学校、高等学校、特別支援学校等教諭の受講も可能な領域で実施する。
参考資料 報告書1
事業名 HIDAKAアルティメットキャンプ 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 小学生   事業目的 学校教育支援 ( 小学校・中学校 )
活動内容 共同生活体験 ( キャンプ活動 ) 期 間 平成29年7月31日(月)〜8月5日(土)
事業概要  日常の生活から離れ、長期の野外活動の中で仲間と協力する心地よさ、困難を乗り越える喜びを感じ、「やればできる」という自己肯定感や生活意欲の向上を促す機会をつくることをねらいとした。参加者は、岡春部川、千栄地区、沙流川、北日高岳等の豊かな自然に触れる体験とともに、集団生活を通して相互の人間的な触れ合いを深め、楽しい思い出をつくることができた。
参考資料 報告書1
事業名 平成29年度教員免許状更新講習 事業施設 国立日高青少年自然の家
対 象 学校教員   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年7月15日(土)〜7月17日(月)
事業概要  子ども達に必要な自然体験活動の意義を理解するとともに安全管理の視点を明確にし、演習を通じて体験活動のサイクルなど、実際の指導の際に留意すべき点について理解を深めることができた。また、子どものコミュニケーション能力の向上を図るため、学級づくりに生かせる人間関係づくりの手法について知識を深めた。
参考資料 報告書1
事業名 登山指導者研修会 事業施設 国立大雪青少年交流の家
対 象 学校教員  青少年教育指導者   事業目的 指導者・ボランティアの養成 ( 指導者 )
活動内容 自然体験 ( 山・森での活動 ) 期 間 平成29年7月2日(日)〜7月3日(月)
事業概要  青少年の集団登山は教育的価値が高い活動であるが、活動のリスクも大きいため、敬遠される傾向にある。教員や青少年教育の指導者を対象に、集団登山の教育的意義を再確認し、青少年の集団登山を安全に実施できる指導者を養成するために実施する。
参考資料 報告書1

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |   次へ→