2014 ミクロネシア諸島自然体験交流事業



()(()

()()()()()() 今年の夏休みに、ミクロネシア諸島において、ホームステイや無人島体験をするとともに、現地の子どもたちとのスポーツやレクリエーション活動を通じて、自然のすばらしさや世界の人々と協力することの大切さを学びます。

 

◆事業趣旨

 「ミクロネシア諸島自然体験交流事業」とは、子どもたちの自然体験活動などの充実を図るため、自然環境に恵まれ、独自の文化を生み出し、また、日本との交流の歴史があるミクロネシア諸島において、子どもたちが、自然、異文化及び同地域の人々との交流などの体験活動をすることにより、自然のすばらしさや共存することの大切さを学ぶ機会を提供するとともに、子どもの体験活動の重要性について普及・啓発することを目的としています。この事業は、子どもの健全な育成を図る体験活動や読書活動などへの取組を支援する独立行政法人国立青少年教育振興機構の「子どもゆめ基金」事業費により実施します。

◆訪問地域

 マーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦(チューク州)、パラオ共和国

◆事業期間

 平成26年7月21日(月)~7月30日(水)

   ※7月21日(月)に、国立オリンピック記念青少年総合センター<東京都渋谷区>に集合し、一泊の事前研修を行います

◆募集人員及び応募資格

 日本国内に在住している小学校5年生から中学校2年生(平成26年4月2日現在)までの男女48名

◆応募締切

 平成26年5月16日(金) 必着

◆参加費

 ひとり75,000円  (往復航空運賃、期間中の宿泊費及び食事費、研修、見学などのプログラム活動費の一部に充当されます。)

 

()

 

()()◇ 募集案内(PDF/1.1MB)

◇ 募集チラシ(PDF/708KB)

◇ 申込書(PDF/280KB)

 

ページの先頭へ戻る