曽爾高原のススキ

はじめに

 曽爾高原は全国でも有数のススキの名勝となっています。なぜ、曽爾高原がススキの名勝となったのでしょうか。
自然環境や人々のくらしとの関わりから紹介します。

内容

  《 曽爾のススキ物語 》

1 ススキを知ろう

曽爾高原のススキ2

  曽爾高原に広がるススキは、イネ科の多年草で、別名を 「カヤ(萱)」や、穂
 を動物の尾に見立てて 「オバナ(尾花)」 と呼ばれています。日当たりを好み
 日陰では成長しない性質から、全国の日当たりのいい山や野原に生えてい
 ます。
  ススキは「秋の七草」の一つで、十五夜のお月見のときに、お供え物と一緒
 に飾ります。
 ススキの語源は、葉がまっすぐに立つことを意味する 「スス」と、芽が萌え出
 る意味の「萌(キ)」に由来すると言われています。
 花は少し気がつきにくいですが、穂の部分にたくさん 並んで咲いています。

2.ススキがなぜ曽爾で必要だったのか

  昔、曽爾ではススキは家の屋根や炭俵(炭を詰める俵)の材料に使われていました。
 山に囲まれている曽爾村では、交通事情も悪かったことから、屋根瓦が手に入りにくかったため、村の屋根はスス
  キや杉の皮でした。
  家一軒の屋根を覆うためにたくさんのススキが必要なため、大勢の人の協力が必要でした。そのため、村人は共
  同でススキの刈り取り作業をした後、古い屋根をはがして新しい屋根を作るためそれぞれ1日中手伝いをしまし
  た。
  今は、交通も便利になり、村の屋根は瓦かトタンに変わりました。
 このように、屋根の材料として使用が減り、杉などの植林が進められた時期もありましたが、村ではこのすばらしい
  風景を守るために、奈良県に働きかけて保護してもらうことになりました。
 現在の曽爾高原のススキは、世界遺産の白川郷・五箇山の合掌造り集落を始めとした全国にあるかやぶき屋根(スス
  キを材料とした屋根)の材料に使われています。 

3.曽爾高原の四季(ススキの春夏秋冬)   
  ~曽爾高原の自然を守るために~

◇ ススキの「春」

曽爾高原のススキ3

  曽爾高原では、毎年3月下旬から4月の初旬にかけて、山焼き(ススキを焼く)
  を行います。
 ススキは焼けば焼くほど栄えるといわれています。
 燃えてできた灰は、ススキが成長する時の肥料となります。
 また、ススキ以外の植物はほとんど燃えてしまうなど、草原は全部黒く焼けま
  すが、土中深くに根っこがあるススキはその後伸びて成長します。
 だから、曽爾高原はススキばかりの草原であるわけです。

◇ ススキの「夏」

曽爾高原のススキ4

 初夏(5月の中頃)になると、曽爾高原のススキは若葉を出し、一面うす緑色
  の若々しい草原へと変身します。
 そして、気温が高くなるにつれ、一雨一雨ごとにぐんぐんと成長していき、夏
  休み前(7月中旬頃)になると、深い緑色となります。
 この時期になると、地元の方々が、ススキに肥料をやったり、ススキ以外の
  草(萩やフジヅルなど)を刈り取ったりするなど、ススキのお世話に汗を流して
  いる姿を見かけることが多くなります。

◇ ススキの「秋」

曽爾高原のススキ5

 収穫の秋。曽爾高原が、ススキ色に輝く、一年で最も美しいといわれる季節
  の到来です。
 9月初旬、曽爾高原のススキは茶色から赤紫色の穂をつけます。 お天気
  のいい乾燥した日は、花粉を飛ばすために穂を広げ、お天気が下り坂にな
  ったり秋雨となったりした時は穂を閉じるなど、何度も穂の開閉を繰り返しま
  す。
 10月頃にかけて、ススキの長さも、1m以上のものから長いものになると
  2mを越えるものまで成長していきます。
 その後、11月上旬くらいになると、穂は銀色に変わります。曽爾高原内のお亀池周辺の草原に入ると、あたり一面
  の銀世界となっています。
 そして、夕日を浴びると、今度は赤銅色の世界へと変わっていきます。この瞬間は絶対に見逃したくない、ファンタ
  ジックな景色を目にすることができます。
  (12月初め頃まで)

◇ ススキの「冬」

曽爾高原のススキ6

 12月、近畿で一足早い冬を迎える頃、地元の方々による、ススキ(カヤ)の刈
  り取りが行われます。
 刈り取った、ススキは大きな束にして、奈良県内はもとより全国各地の民家・
  神社仏閣のかやぶき屋根の材料として送られていきます。約1週間くらいか
  けて、この刈り取り作業は行われます。
 この刈り取り作業で、春の山焼きから始まった曽爾高原のススキのお世話は
  一段落します。
 そして、この刈り取り後、しばらくすると、曽爾高原に本格的な厳しい冬がやっ
  てきます。 
 地表に出ているススキは、冬には枯れてしまい、風雪にさらされてしまいますが、地中では次の春を目指した準
  備が行われていきます。 

4.クイズコーナー  「これであなたも 曽爾のススキ博士だ!!」

Q1 曽爾高原の広さって、どれくらいだと思いますか。
 ヒント! 兵庫県西宮市にある「阪神甲子園球場が何個分になるかで考えてみよう!」

Q2 ススキの刈り取りは、なぜ冬の時期に行われるのでしょうか。
 ヒント! 秋を終えると、草はどうなってしまうのだろう。お米がなる稲はどうなっているかな・・・???

Q3 ススキに似た仲間で「荻(オギ)」という植物があります。ススキと荻の違いとは何でしょうか。
 ヒント! 生えている場所を考えてみよう。

Q4 曽爾の大自然を守るために、地元の方々が一番の悩みだと考えていることは何でしょうか。
 ヒント! 森を守る人々のくらしにも共通していることなんだよ。

5.曽爾高原に来て学習しよう!!!  「大自然に触れてみよう」

曽爾高原のススキ7

 (1) まず!事前準備
 ① 曽爾高原のススキに関する資料を集めておこう。
 (パンフレット、本、インターネットによる資料 等)

 ② 道具を準備しよう(日帰りパターン)
 (野外活動に必要な服装、運動ぐつ、筆記用具、メモ帳、雨具、水筒、
  デジタルカメラ等)

 (2) 観察してみよう。
  実際に曽爾高原をハイキングして、ススキを観察し気づいたことや疑問点をまとめ意見交換してみよう。
  例えば: 自然条件:「ススキ」の生える条件について、図鑑などの資料を用いて調べてみよう。

 (3) 思い出をたくさん持ち帰ろう。
  曽爾高原は、もちろんススキで有名ですが、ススキ以外にもたくさんの植物や、ウサギやリスなどの小動物や野
    生の鹿を見ることができます。また、森を散策し耳を澄ましていると、小鳥のさえずりや小川のせせらぎなど、自
    然ならではのサウンドに触れることができますよ。他にも、屏風岩や兜(かぶと)岳・鎧(よろい)岳といった、この
    地域ならではの景観を目にすることができます。 
  是非、余裕のある計画のもと、自然の満喫にチャレンジしてください!!

 (4) 曽爾の人々はススキの生育(曽爾高原を守るため)にどのように関わってきたのかまとめよう。
  事前に学習したことや、実際に訪れて観察したこと、気づいたこと、見つけたことなど、振り返って見ましょう。
  雄大な自然を守る人々の苦労とその伝統について、学習を進めていきましょう。

6.クイズの答え

 Q1の答え  
  なんと!甲子園球状の約9個分です。 曽爾高原の面積(ススキが生えている範囲の面積)は、約36.5万㎡で、
  甲子 園球場の約9個分の広さと同じだといわれています。

 Q2の答え 
  村の人が言うには、ススキの茎が青くて、水分が残っていては、屋根の材料としては腐ったりして良くないそう
    です。完全にススキが枯れ、乾燥した冬の時期の良いお天気の日を刈り取りの日として選んでいます。

 Q3の答え 
  ススキは、乾いたところを好んで生息するのに比べ、荻は河岸のような湿ったところに生息します。
   荻もイネ科の多年草で、大きいのは2m以上に成長します。外見もススキそっくりなので、かなり見極めにくいもの
   です。

 Q4の答え 
  地元の方々の悩みは、年々村の若い人が少なくなって、ススキの世話をする人が少なくなってきているというこ
    とです。春先の山焼きに始まり、夏の草刈りや肥料やりなど、一年を通して、ススキのお世話をするのは大変な
    作業なのです。
   曽爾の大自然を残していくためにも、私たちにできることって何なのか?みんなで考えたいものです。

おわりに

曽爾高原のススキについて学習してきましたが、いかがでしたか。
ススキは、日本全国のどこにでも生息していますので、是非、「ススキ博士」目指して、観察してみよう!
そして、曽爾高原に足を伸ばして、ススキに包まれてみてください。
日帰りで来るのもよし、せっかくだから宿泊をして、徹底的に曽爾高原漬けになってみるのもいいのでは!
どちらの場合も、曽爾高原内にある、私たち 「国立曽爾青少年自然の家」をご利用ください。
曽爾高原探索の「お手伝い」、ぜひおまかせください!!!

情報提供

国立曽爾青少年自然の家

2011年 9月作成

ページの先頭へ戻る