バックパッキング入門

はじめに

 近年、登山ブームが続き、多くの人が山の魅力にとりつかれ、さまざまなスタイルで山歩きを楽しんでいます。そのような中、あの人は楽々登っているのに、なんで自分だけこんなに苦しいんだろう?そんな思いをしたことはありませんか。歩き方、日程などさまざな原因が考えられますが、ここでは、フィールドで苦労しないためのパッキングの仕方をご紹介します。

内容

準備するもの
 
  ・ザック(目的できまる持ち物にあわせて大きさを選ぶ)       
     ・荷物:食糧(回数分)、ウォータータンク、行動食(おやつ)、雨具、着替え、防寒着、手ぶくろ、トイレットペーパー
   ・簡易な救急薬品、地図、コンパス、筆記用具など
    ※ 宿泊の場合はシュラフやマットが必要

バックパッキングとは・・
  ※ バックパッキング(Backpacking)とは、バック(Back=背中)にパッキング(Packing=荷作り)するという
    意味で、荷物を背負えるように荷作りすることや荷物を背負って歩くことを指します。


 

自分の目的にあったザックを選びましょう

どのような場所へ行くのか、何日間の行程か、野鳥観察や写真撮影など途中でどのようなことをしたいのか。などなどこれらのことがザックの大きさを決める要素になります。

(1)軽いハイキング

  ・ 1、2時間程度のハイキングならウエスト・バッグでも十分でしょう。

 

(2)日帰りハイキング(登山)

  ・ お弁当、水筒、行動食、雨具、着替え、手ぶくろ、ばんそうこうなどの簡単な救急薬品、虫よけスプレー、防寒
    着、携帯 電話などが必要になります。このような装備なら20リットル程度のデイパックで十分でしょう。

 

(3)泊を伴う登山

  ・ 食料(回数分)、ストーブ、食器、ウォータータンク、行動食、雨具、着替え、防寒着、手ぶくろ、トイレットペー
    パー、ばんそうこうなどの簡単な救急薬品、虫よけスプレー、地図、コンパス、筆記用具、携帯電話などが必
      要になります。また、山小屋に泊まらない場合は、テントやシュラフも必要になります。山小屋などに泊まる
      場合は、40リットル、テントを使う場合は、60リットル前後の容量のザックが必要になるでしょう。

 

(4)縦走などの期間が長くなる登山

    ・ 基本的な装備は変わりませんが、食料が多くなります。このような
     場合は、70リットル前後の容量のザックが必要になるでしょう。

 

   ・ 左から20リットル、60リットル、70リットルの容量のザックです →

バックパッキング

パッキングで大切なことは、つねにコンパクトにすること。少しでも軽くすることです。
しかしいくらコンパクトにパッキングしても初心者の方なら、10Kg前後の重量が最適でしょう。

 ・ コンパクトにパッキングするには、食料を箱から出してパッキン
  グしたり、シュラフやウェアなど空気を含んだものを小さく丸め
  てたたんだりしてパッキングすればザックにも余裕が生まれま
  す。

 ・ 食料をフリーズドライにしたり、雨具を薄く軽いものを購入すれ
  ば、軽くすることができます。
 

 

画像

 

・ また、ザックにつめる時には、シュラフやウェアなどの軽いもの
    は、ザックの下
。食料や水などの重いものは、ザックの背中
    側の上
につめることをお忘れなく。
 

画像

 

・ 上手にパッキングができると背中全体に重さが分散されます。
  肩や腰だけが重く感じるときは荷物の詰め方を見直してみまし
  ょう。

  

画像

 パッキングのpoint 1

・ あまり重さはありませんがスペースをとるのがウェア類です。
 できるだけ多くのウェアを持っていくには、小さくたたんで、
 小さめの袋に入れるのがコツです。小さめの袋に入れること
 によって、空気が抜けてコンパクトになります。
・ また、適当な袋がなければビニール袋でもいいと思います。
 ビニール袋の場合は、防水効果もありますし、透明のために
  中身がすぐにわかる利点があります。
画像

 パッキングのpoint 2

・ フィルムやデジタルカメラのメモリーなどの小物類は、フリー
 ザー用のビニール袋に入れると中身がすぐに見えるし、完
 全防水なので安心です。また、同じように食料を1食ごとに
 入れておくことも便利です。1日目の夕食、2日目の朝食な
 どとマジックで書いておくと手間どらず、食事が作れます。

画像

パッキングのpoint 3

・ 水は、水筒ではなく、ウォータータンクに入れると多くの量
 を持って行けるし、軽くてすみます。あいたペットボトルを利
 用してもOKです。

画像

パッキングのpoint 4

・ しょうゆやソースなどの調味料を持っていくためには、ビニールパックの小分けされたものを潰れないケースに入れ
 ていくと便利です。ケースは、フィルムケースがいいでしょう。

パッキングのpoint 5

・ 小物や頻繁に使うものは、ウエスト・バッグやザックのポケット、ザックの上部に入れておくと便利です。

 

 

おわりに

 北海道上川郡美瑛町にある国立大雪青少年交流の家は、日本最大の面積を誇る大雪山国立公園内の十勝岳中腹に位置し、全国で4番目に設置され、昭和41年10月に開所されました。周囲を奥深い原生林と高山植物に囲まれた大自然の中で、青少年はもとより、官公庁、サークル等各種団体やファミリーなど、だれもが利用できる施設です。

 6月上旬から登山やハイキングを活動プログラムに入れる団体が多くなります。雄大な十勝岳連峰の大自然を感じてみませんか!活動に不安のある方やバックパッキングについて詳しく知りたい方は、職員が相談に応じます。

 

情報提供

国立大雪青少年交流の家

2003年作成
2011年6月改訂

 

ページの先頭へ戻る