スノーシューで雪歩き

「スノーシューって何?」
「簡単に言うと“かんじき”みたいなものだよ。」
「かんじきって何?」
「深い雪の上を歩きやすくする道具だよ。『雪国の知恵 かんじきの作り方』が大好評だから後で開いてみよう。」
「うん!ところで、スノーシューについてもっと詳しく教えてよ。」
「よしわかった!まずはどんなものか見てみよう。」
雪国の知恵 かんじきの作り方

 準備するもの
    ・スノーシュー(大人用・子ども用があります)、防寒着、手ぶくろ、帽子、長くつ

大人用
写真
子ども用
写真

大人用、子ども用があります。また、ストラップ式、ビンディング式など用途に応じて若干異なります。周辺散策程度ならストラップ式で十分です。上の写真はストラップ式です。

「どうやってつけるの?」
「長靴をはいて、ストラップを締めて固定するんだよ。とっても簡単だからすぐにはけるよ。」

履き方

写真

1.まずはストラップをゆるめます。

写真

2.つま先、足の甲、かかとをストラップでしっかり固定します。歩いている途中に外れてしまうと、雪の中でつけるのは大変です。

写真

3.かかとが浮くような構造になっています。バックするのは難しいです。

写真

4.雪の中に入る前に試しに歩いてみましょう。しっかり固定されていることを確認してください。

写真

「さっそく歩いてみたいな」
「よし!行ってみよう!」

「なんだか歩きにくいな~」
「最初は歩きにくいけど、だんだん慣れてくるよ。これを履いていれば夏場に草や木が生い茂っていて入れないようなところにも入れるし、誰も歩いていない新雪の上をすいすい歩けるんだよ。ただ、先頭の人はちょっと大変だけどね。」

写真

「本当だ。だんだん慣れてきた。あ、あそこに何かの足跡がある!」
「あれは何の足跡だと思う?」
「何だろう?ウサギかな?キツネかな?リスかも!」
「後で、図書館に行って調べてみよう。デジカメで記録しておこうね。」

写真

「ねえ、せっかくデジカメを持ってきたんだから、何かゲームでもしない?」
「いいね~。そう来ると思って、用意してきたよ!『ネイチャービンゴ!!』」
「何それ?」
「このビンゴカードに書かれているものを探して、デジカメで撮ってビンゴを完成させるんだよ。」

ネイチャービンゴ

写真:ネイチャービンゴ

※シートの形式や項目を工夫してみましょう。見つけられないような項目を設定すると大変です。事前に調査しておくことも忘れずに。


「だんだん熱くなってきた。上着を脱いでもいいかな?」
「温度調節は大事なことだよ。重ね着をして脱いだり着たりできるような服装がいいんだよ。」
「雪が積もっていないと入れないような場所に行けてちょっと得した気分だ!」
「そうだね。でも、雪が積もっていて地面の状態が分からないから十分注意して歩かないといけないよ。できれば、最初に山に入るときは経験者と一緒に行った方がいいね。」
「スノーシューは、ただ歩いているだけでもいい運動になるし、運がよければ動物や野鳥にも出会えるし。ひそかなブームになっているのも納得だね。自分で楽しみを見つけて自然を満喫しよう!」
「ところで、スノーシューってどこに売っているの?」
「アウトドアショップや大きなスポーツ用品店で売っているよ。インターネットでも買うことができるしね。ちなみに、お値段は15,000円~40,000円ぐらいかな。予算や用途を考えて自分に合ったものを選ぶといいよ。」

 

情報提供

国立大雪青少年交流の家

2003年作成、2011年6月改訂

国立大雪青少年交流の家について

国立大雪青少年交流の家では大人用82足、子ども用67足を用意しています。ご希望があれば利用者の皆さんに無料で貸し出しております。お気軽にお問い合せください。

ページの先頭へ戻る