神話の息づかい「まが玉づくり」

はじめに

 古代より神宝とされ、その形に神秘的な力を感じる「まが玉」。古代の人たちとほぼ同じような方法で石を削って,世界に一つだけのまが玉をつくろう。

内容

準備するもの
   ・材料セット(まが玉用の石(滑石)、木のビーズ、紐)    
   ・紙やすり3種類(粗目#80、細目#600、耐水ペーパー#1000)
   ・キリ    ・作業用杉板    ・水入れ    ・布きれ    ・新聞紙    ・ごみ袋

対象
   ・小学生~

所要時間
   ・1時間~2時間

注意事項
   ・まが玉用の石(滑石)は、とても軟らかいため、落としたり衝撃を与えるとこわれます。取り扱いには
    注意しましょう。
   ・削り落とした粉がたくさん出ます。毒性はありませんが,目や口に入った場合は水で洗い流してくだ
    さい。

 作り方

  ※削った粉がたくさん出ます。作業を始める前に、机の上に新聞紙を敷きましょう。

下絵

1.下絵
   まが玉用の石に、作りたい形と、紐を通す穴を開ける場所の
   下絵を描きます。
 


穴をあける

 2.穴をあける
   キリで紐を通す穴をあけます。


形を作る
            (写真ー1)
 

くぼみを削る

           (写真ー2)

角を削る
           (写真ー3)

丁寧に削る

           (写真ー4)

 3.形を作る
   ①粗目の紙やすり(#80)で大まかな形を作ります。
    粗目の紙やすりを敷いて石をこすり、周りを荒削りします。
                               (写真ー1)

 

 

 

   

 

   ②くぼんでいる部分は細い棒(鉛筆など)に紙やすりを
     巻きつけて削ります。(写真ー2)

 

 

 

 

 

 

   ③全体の形ができたら、角の部分を荒削りします。
                           (写真ー3)

 

 

 

 

 

 

   ★point★
     まが玉の側面に中心となる線を書き、表面からその
     線に向かって削ると上手に角が落とせます。 

                             (写真ー4)


形を整える

  4.形を整える
    ①細目の紙やすり(#600)で丸みが出るように形を
     整えます。
     細目の紙やすりを手に持って角や傷をとるように
     磨きます。


表面を磨く
           (写真ー5)

まが玉

           (写真ー6)

 5.耐水ペーパー(#1000)で表面を磨いて仕上げます。
   耐水ペーパーに水をつけながら、表面の細かい傷がなくなる
   ように磨きます。(写真ー5)

   

 

 

 

 

 

   表面がつるつるになったらまが玉の出来上がり。

                               (写真ー6)

 

 

 

 


紐を通す

 ⑥紐とビーズを通したら完成です。

 

  ★point★
   自動車用のワックスや、食用油などを使って磨けばさらに
   艶がでます。

おわりに
 

 ・丁寧に磨くほど、丸みを帯びて艶のあるよい作品を作ることができます。 

 ★まが玉一口メモ★
  神秘的な形をしたまが玉。「古事記」には、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治した後、出雲の
   『まが玉』を天照大神(あまてらすおおみかみ)に献上され、それが三種の神器のひとつとなった、
  と書かれています。古代の人たちとほぼ同じ方法でまが玉を作ることをとおして、神話の息づかい
  にふれる体験をしませんか。

 

情報提供
国立三瓶青少年交流の家
2014年3月 作成

 
 

 

 

つくる

  • 体験・遊びナビゲーターダウンロードページへリンク
  • かがやく先輩からのメッセージ
  • 子どもゆめ基金

ページの先頭へ戻る