たたいて作ろうペーパーナイフ

はじめに

何の変哲もない釘を使って、自分だけのペーパーナイフを作ります。叩いて、焼入れ、研げば世界に1本のオリジナルペーパーナイフの出来上がり。
ちょっとした鍛冶屋気分を味わってみませんか?

内容

 

準備するもの
(右写真参照)

・鉄床(かなとこ)
・金槌
・砥石#500、1000、3000
・火ばさみ
・バケツ(金属製が良い)
・薪

材料                     

材料

・五寸釘
・麻ひも

 

対象

・小学校高学年~

 

所要時間
・3~4時間程度

 

                     五寸釘

1.作業手順

(1)叩く

 鉄床の上に五寸釘を置き、金槌で釘が平たくなるまで叩く。この際、叩き方である程度、ナイフの形になるように整えながら叩くと良いです。

五寸釘3

五寸釘4

(2)焼入れ

 ナイフの形に叩いたら、焚き火の中に投入して、釘が赤くなるまで熱し、水の中に入れて一気に冷やし焼入れを行う。こうすることで鉄の硬さが増します。
 熱した釘はとても熱いので、必ず火ばさみで持ちます。

五寸釘5

五寸釘6

(3)砥ぐ

 焼入れした釘を砥石で研ぎます。粗い砥石から#500→#1000→#3000の順で仕上げていきます。持ち手の部分に麻ひもを巻いたら、世界に1本のオリジナルペーパーナイフの出来上がり。

五寸釘7

五寸釘8

おわりに

 釘を叩く・砥ぐ際に、ちょっとコツと根気が入りますが、100回も叩けば、ナイフの形になります。
 工夫次第で身近なものが道具に早代わり。皆さんも、世界で1本のオリジナルペーパーナイフを作ってみてはいかがでしょうか。

情報提供

国立那須甲子青少年自然の家

2011年 9月作成

つくる

  • 体験・遊びナビゲーターダウンロードページへリンク
  • かがやく先輩からのメッセージ
  • 子どもゆめ基金

ページの先頭へ戻る