ダンボールオーブンでピザを焼こう!

はじめに

  ダンボール箱とアルミホイル、網など、百円ショップで購入できる材料でダンボールオーブンができます。
  ポータブルなので、アウトドアでも気軽にピザやパンが焼けます。

内容

準備するもの
   ・ダンボール1箱(縦+横+高さが100cm~160cmぐらいがよい)
   ・アルミ箔1本              ・金網2枚(50cm×30cmぐらい)
   ・のり(デンプンのりが望ましい)    ・はけ(のりをぬる用具)     ・クラフトテープ     ・炭
   ・七輪(炭を入れる容器)、       ・レンガ2個

対象   
   ・小学生以上(低学年は大人と一緒に行います)

所要時間       
   ・オープンの製作時間:1時間半~2時間
   ・手づくりピザの場合は準備に1時間半(オーブンに入れてから15分ぐらいで焼きあがる)  
注意事項    
   ・張ったアルミ箔に隙間があると、ダンボールが焦げる場合があるので、隙間なく2重に貼りつける。
   ・化学合成のりは、熱でホルマリン等の異臭が出るため、でんっぷんのりを使用する。
   ・厚めのダンボール(2重)を使った方が保温性がよく、湿度が上がりやすい。

  作り方

1.ダンボールの箱の貼り合わせ部分をはがして広げる。 ダンボールを広げる

2.ダンボールの内側全体にのりを塗って、アルミホイルを
  貼りつける。

 

  ※隙間がないように2重に貼りつける。

アルミホイルを貼りつける

3.底と天板部分に吸気口と喚起口を開ける。

 

 ※ダンボール箱に空いている取っ手の部分を使ってもよい。

ダンボールに穴をあける
4.元の箱状に組み立て、クラフトテープ等で固定する。 箱状にもどす
5.金網の長編の両端の部分を6~8cm程度折り曲げる。 金網の両端を折り曲げる

6.七輪の上にレンガを置き、その上に2枚重ねた金網を置
  て完成!

 ※七輪の代わりに餅焼き用の金網(底がついているタイプ)
   をレンガの上に置いてもよい。 

 

ダンボールオーブンの完成

焼き方のコツ

 ・オーブンの温度が150°C以上になるまで予熱する。
   ※250°Cまで計れる温度計を準備すると分かりやすい。

 ・焼き始めてから10分後に上下を入れ替える。

 ・下の段の網の上にアルミホイルを数枚敷くと焦げにくい。

おわりに

 ピザだけではなく、パンや肉も焼けます。いろいろな料理に挑戦してみてください。
 オーブンを作るダンボール箱は、厚めの物(二重)が望ましい。

 

情報提供
国立大隅青少年自然の家
2014年 3月作成

つくる

  • 体験・遊びナビゲーターダウンロードページへリンク
  • かがやく先輩からのメッセージ
  • 子どもゆめ基金

ページの先頭へ戻る