鉄板ピザ

はじめに

 石窯ではなく2枚の鉄板で焼く「鉄板ピザ」です。 粉から生地を作って具材をトッピングしてもよし!
 できあいのピザクラフトにトッピングしてもよし!
 焼きたては最高においしい!今回は粉から作るピザを紹介します!
 

内容

準備するもの
   【用具】 ・鉄板2枚      ・ピザピール(ピザを取り出すもの)      ・計量カップ(500ml)
         ・伸ばし台      ・調理用クリアシート               ・ピザカッター
         ・放射温度計     ・焼き魚用網                   ・耐火煉瓦
         ・軍手 ・皮手袋                     ・牛乳パック(焚付け用)
         ・マッチ        ・ふきん                 ・アルミホイル     
         ・ビニール手袋(生地つくりで使用)
         ・包丁         ・なた                   ・食器等の調理道具
   【材料(6人分)】
        ・中力粉(1kg)   ・ベーキングパウダー20g   ・塩20g      ・砂糖40g
        ・ピザ具材セット(ピザソース、チーズなど具はお好みで)

対象
   ・小学校高学年以上

所要時間
   ・3~4時間

注意事項
   ・鉄板が重いので運ぶ時には落とさないように注意しましょう。
   ・鉄板など金属は熱くなりやすいので、やけどに注意しましょう。
   ・なたの取り扱いには十分に注意しましょう(実施前に指導者が使い方を指導しましょう)
                              (くらす:「なたの使い方・まきの割り方」参照)

  作り方

1.まぜる
  ①中力粉1kgからあらかじめカップ200mlの目盛りまで
    打ち粉として取り置きし、野外炊事用の食器にとってお
      きます。
  ②残りの中力粉(800g)・ベーキングパウダー、塩、砂糖
      をボールに入れ、混ぜてなじませます。  

★一口メモ★
 ピザの生地をふっくら仕上げるためにイーストではなくベーキングパウダーを使うと、発酵させる時間が省けます。   

生地つくり

(材料を入れて混ぜる)

2.こねる
  ①よくかき混ぜた粉の中心部分にくぼみを作り、水500mlを少しずつ入れていきます。
  ②くぼみに入れた水を中心に、外側から中心に粉を集めピザ生地として一つのかたまりができるまで
    こねます。
    少し時間はかかりますが、こね続けます。

  ★point★
    ピザ生地の出来上がりの目安として、耳たぶくらいになるまでこねます。
   硬さの調整は、少量ずつ(20ml~30mlほど)水を加え調整します。

 

3.かたちを作る(成形)
  ①こねあがったピザ生地を、6等分の小玉に分けます。
  ②のばし台に取り置きしていた中力粉を打ち粉として広げ
    分けたピザ生地を置きます。
  ③置いた生地を手のひらの付け根で押さえながら円形の
    ピザ生地に成形します。

  ★point★
   直径25~30cmほどの大きさで、できるだけ薄くのば
   します。薄さがポイントです。

ピザ生地を円形に成形する。
(ピザ生地を丸く成形する)

4.トッピング
  ①成形した生地にピザの具材をのせます。

  ★point★
   チ―ズは一番上ですよ!

好きな具材をのせる

(好きな具材をのせる)

5.焼く
  ①具材をトッピングしたピザ生地をアルミホイルを巻いた
    魚焼き用網にのせ、鉄板オーブンに入れて焼いていき
    ます。
  ②かまどの温度が安定すると5分程度で焼けます。
                          

鉄板オーブンの様子

(鉄板オーブンの様子)

6.完成
  トッピングの材料やチーズが溶けたらできあがり!

 出来上がり

(ピザカッターで切り分けます)

 鉄板オーブンの作り方  

1.かまどの網の上で鉄板と鉄板の間に耐火レンガを左右に
    2個ずつ置いて設置します。

  ★point★
    下の鉄板は手前に5cmほど引き、奥に熱風の通り道を
    つくります。

2.下の鉄板で薪に火をつけ鉄板をあたためます。

  ★point★
    鉄板オーブンをきちんとつくることが成功のポイントです。
    下の鉄板の表面温度は250°C~300°Cになるよう
    あたためましょう。

 

鉄板オーブン

 おわりに

 ・熱い鉄板や薪割になたを使うなど危険な場面も多いので、安全に十分注意しましょう。
 ・下の鉄板を手前に引いてできる熱風の通り道の隙間をうまく調整しましょう。
 ・鉄板と鉄板の間の熱が逃げないように手前にふたをすると焼き時間が短くなります。
 

                                ※他にもいろいろなピザの作り方があります。
                                  参考にどうぞ!
                                    たべる:「ピザ&焼きりんごづくりレシピ」
                                        「アウトドアでピザ」

                          

情報提供
国立夜須高原青少年自然の家
2014年2月 作成

ページの先頭へ戻る