かんたんアウトドアパウチクッキング

はじめに

登山やキャンプ、非常時、もちろん普段の生活でも役立つ「パウチクッキング(コッヘル編)」
かんたん! ヘルシー! エコロジー! 非常食とポリ袋を使った真空調理。作るのも片付けるのも簡単なのでとっても
便利
  【メニュー例】
   ① ツナde炊き込みごはん
   ② ペンネdeミネストローネ

内容

 準備するもの(2人分)                             

コッヘル
(コッヘル)

 ・コッヘル(鍋2)    ・ガスバーナー   ・ガスガードリッジ(ガス缶)   
 ・ハサミ              ・ポリ袋        ・食器   
 ・水               ・材料(メニューに応じて)

対象
 ・小学生以上

所要時間
 ・1時間程度

注意事項
 ・ポリエチレン製の半透明の袋を使います。 130°Cまくらいまで耐えられます。
 ・透明の袋やフリーザーパックなどは、高温に耐えられないので絶対に使用しないでください。

 作り方

【基礎編】 

1.ポリ袋に具材と調味料を入

  れる
具材と調味料を入れる

2.よく混ぜる


よく混ぜる

3.ポリ袋の空気を抜く


ポリ袋の空気を抜く

具材を食べやすい大きさに切り、調味料と一緒にポリ袋へ入れます。入れる順番はとくにありません。
1つのポリ袋に入れる量は2~3人分です。
空気を入れて口をひねり、よく振って、具材と調味料をなじませます。
片栗粉や小麦粉などを使う場合は、具材と粉類を先に入れてなじませたあとに調味料を加えると、ダマになりにくくなります。
水を張った鍋にポリ袋をつけ、水圧で袋の中の空気を抜き、口をねじります。
真空状態にすることで、具材に火が通りやすくなり、おいしく仕上がります。

4.ねじった口は上のほうで縛る


ねじった口は上のほうで縛る

5.皿を敷いた鍋にお湯を沸騰さ

 せる
皿を敷いた鍋にお湯を沸騰させる

6.ポリ袋を入れる


ポリ袋を入れる

ねじった口は、かならず上のほうで縛ります。
下のほうで縛ると、水蒸気が膨張するため袋が破裂することがあります。
ポリ袋が破れるのを防ぐため、鍋底に皿、またはシリコン製の落としぶたなどを置きます。
お湯の量は鍋の3分の2程度。お湯を一度沸騰させたら弱火にします。
ポリ袋を平らにならして鍋に入れます。ポリ袋は浮いても大丈夫です。
ふたはしないで、指定の時間入れておきます。複数の袋を入れる場合は、吹きこぼれに注意しましょう。

7.お皿に移してできあがり


ねじった口は上のほうで縛る

ミネストローネの完成

 

鍋からポリ袋をとりだし、結び目をはさみで切ってお皿などに移します。
カップなどの容器に袋のまま入れて食べると食器を汚さなくてすみます。

 

【応用編】 
 ◎ツナde炊き込みごはん
  「ツナ缶」と「なめたけ(びん詰め)」を使えば、調味料がなくてもおいしい炊き込みご飯ができるよ!

 材料 (2人分)
    ・米(1合)    ・水(200ml)     ・ツナ(小1/2缶)     ・なめたけ
     ※「やきとり缶(タレ)」「さばみそ缶」「さんま蒲焼き缶」などを使ってもおいしいよ!

炊き込みご飯材料 やじるし 炊き込みご飯
 

 【手順】

   1.ポリ袋にすべての具材をいれる

   2.よく混ぜる
     ・10分ぐらいひたしておくとお米に味がしみ込みます。
      ・水の代わりにぬるま湯を入れると早く炊き上がります。  
 

   3.かんたんアウトドアパウチクッキング3~6の手順
      ・弱火(とろ火)で約30分加熱します。

   4.お皿に移してできあがり
      ・火を止めて約15分間蒸らしたあと、鍋からポリ袋を取出し、お皿などに移します。

 


 ◎ペンネdeミネストローネ
   「野菜ジュースと」と「やきとり缶」を使って、栄養のあるおいしいミネストローネを作ろう!

材料 (2人分)
    ・ペンネ又はマカロニ(50g)    ・水(200ml)     ・焼きとり缶(塩味小1缶)     
    ・固形コンソメ(1/2個)       ・トマトベースの野菜ジュース(250ml)
    ・お好みで豆やコーン缶など(少量)    
     ※鍋に入るくらいの長さに切ったスパゲティとトマトケチャップでナポリタンも作れるよ!

ミネストローネ材料 やじるし ミネストローネ
 

 【手順】

   1.ポリ袋にすべての具材を入れる

   2.かんたんアウトドアパウチクッキング2~6の手順
   
  ・弱火(とろ火)で10~15分、ペンネがやわらかくなる程度まで加熱します。

   3.カップに移して出来上がり
     ・鍋からポリ袋を取出し、カップなどに移します。

 

おわりに

このかんたんアウトドアパウチクッキングは、防災教育のプログラムの一つとして、災害時でも調理可能なアウトドアクッキングのプログラムです。

情報提供
 国立大雪青少年交流の家
2014年3月作成

ページの先頭へ戻る