牛乳パックでホットドック

はじめに

キャンプの時に簡単でおいしい朝食メニューは無いかな?そんな要望にお応えします。材料をパンに挟み、アルミホイルでくるんだ後、牛乳パックに入れて火をつけて待つだけ。できあがったホットドッグにお好みでケチャップやマスタードをかけて食べましょう。とってもおいしいホットドッグが簡単にできあがります。
さあ、皆さんも作ってみましょう。 

準備するもの 
 
・コッペパン    ・ソーセージ    ・キャベツ    ・ケチャップ    ・マスタード
 ・1リットルの牛乳パック(ホットドッグ1個に1つ必要)           ・軍手
 ・マッチもしくはライター         ・まき      

注意すること
 ・牛乳パックを熱した後のアルミホイルは熱いので気をつけましょう。

内容

1.作り方

(1) まずはキャベツを千切りにし、コッペパンの切れ込
   みを入れたところにたっぷり詰めましょう。そしてキ
   ャベツの上にソーセージをのせます。

ぱん

(2) そのコッペパンをアルミホイルで巻きます。

 

はさむ

(3) ここでポイント!
     アルミホイルは2重に巻きます。

   アルミホイルをケチらずたっぷり使いましょう。
   2重にすると美味しいホットドックになります。

 アルミでまく

(4) アルミホイルで巻いたコッペパンを牛乳パックに入
    れます。

 

パック詰め 

(5) 牛乳パックに火をつけて燃やします。
   全部燃やしきるのがコツです。
 

燃やす

(6)ここでポイント!
     途中で火が消えたらまた火をつけて、牛乳パック
   は燃やしきりましょう。

燃やしきる

 

                   (7)できあがったホットドックにケチャップとマスタードを
                                     かければほっぺたも落ちそうなほど美味しいホット
                                       ドックのできあがり!
                                       ちょっと焦げ目がついていてもおいしいですよ。              

                  カートンドック

 

おわりに

アルミホイルで2重に巻くことで蒸し焼き状態になり、とってもおいしくなります。ご家庭でもできます。そのときチーズやトマトなどいろいろな具材を一緒に入れてもいいかもしれませんね。いろいろアレンジしてみましょう。

 

情報提供

国立妙高青少年自然の家

2011年 9月作成

ページの先頭へ戻る