子供の頃の体験がはぐくむ力とその成果に関する調査研究

子供の頃の体験がはぐくむ力とその成果に関する調査研究
発行日 平成30年3月
発行施設 国立青少年教育振興機構

調査結果の概要

 

調査結果の概要(PDF:2,905KB)

 

報告書

全体版

 

報告書(PDF:4,959KB)

 

分割版

 

表紙(PDF:174KB)

目次(PDF:389KB)

 

第1章 研究の概要(PDF:710KB)

1.研究目的

2.研究のポイント

3.研究方法

4.研究モデル

5.研究体制

6.回答者の基本的属性

7.本書を読むにあたって

8.体験や意識に関する質問項目の区分

 

第2章 調査結果の概要(PDF:820KB)

1.社会を生き抜く資質・能力をはぐくむ子供の頃の体験

2.子供の頃の体験の質・多寡と社会を生き抜く資質・能力の関係

3.子供の頃に褒められた・叱られた経験と社会を生き抜く資質・能力の関係

4.家庭の教育的・経済的条件別にみた子供の頃の体験と自己肯定感の関係

5.逆境や困難に直面した時の対応とへこたれない力の関係

 

第3章 集計結果(PDF:1,504KB)

1.社会を生き抜く資質・能力の現状

2.現在の価値観・人生観や生活状況

3.子供の頃の体験

 

第4章 社会を生き抜く資質・能力をはぐくむ子供の頃の体験や人間関係(PDF:2,209KB)

1.家庭・地域・学校における体験と社会を生き抜く資質・能力の関係

2.年齢層別にみた子供の頃の体験と社会を生き抜く資質・能力の関係

3.子供の頃の体験の質・多寡と社会を生き抜く資質・能力の関係

4.子供の頃に褒められた・叱られた経験と社会を生き抜く資質・能力の関係

5.子供の頃の家庭の教育的・経済的条件と社会を生き抜く資質・能力の関係

6.子供の頃の体験(質)と現在の価値観・人生観や生活状況の関係

 

第5章 現在の価値観・人生観等と社会を生き抜く資質・能力の関係(PDF:833KB)

1.現在の価値観・人生観と社会を生き抜く資質・能力の関係

2.現在の生活状況と社会を生き抜く資質・能力の関係

3.社会を生き抜く資質・能力と生活に対する充実感の関係

 

第6章 考察(PDF:910KB)

考察1.幼児期の体験がはぐくむ力とその成果についての考察

考察2.中年期を規定する子供の頃の家庭環境

考察3.放課後の活動や地域の人々とのふれあいと子供のへこたれない力・自己肯定感との関連

考察4.学校教育における体験活動を捉える視点

 

第7章 本研究のまとめ(PDF:552KB)

社会を生き抜く資質・能力をはぐくむために必要な子供の頃の体験

 

資 料

単純集計表(PDF:795KB)

調査票(ウェブ調査画面)(PDF:491KB)

 

奥付(PDF:383KB)

 

検索画面へ戻る

ページの先頭へ戻る